2017年6月22日木曜日

一昨日の雨で土が湿った。で、根が出ているサツマイモの挿し穂苗を土嚢袋に植えつけ。収穫忘れの巨大な白ズッキーニ。

こちらは今日の収穫なのだが、中に取り忘れの巨大な白ズッキーニが混じっている。
デストロイヤーも長雨が続くと痛んだ芋が増えてくる。
で、今日は最後の1畝を1/3ほど収穫だ。
それにしてもこの巨大な白ズッキーニ、収穫した直後にしまったと思った。
これだけ立派なズッキーニだったら、種取り用にこのまま畑に残して置けばよかったのだ。
白ズッキーニも黄色味を帯びて硬くなったものは収穫して種取り用に残すことができるのだが、こんな白い状態で収穫すると、種取り用に残していても、じき中が腐れてしまう。
ということは、この巨大なズッキーニはミミズくんの餌になるしかないのだ。

でも、一応記録として、その重さを測っておいた。
3.3kgもあった。この重さがカボチャだったら飛び上がって喜ぶのだが。
このズッキーニが、これまでで最大の大きさかと思い、一応記録を調べてみた。
すると、2年前の8月に種取り用に収穫した3.5kgという記録が残っていた。
それでも、このズッキーニは巨大だ。
新聞紙の上に載せるとその大きさがよくわかる。
種取り用に8月くらいまで畑に放置していたら記録更新だったかも?
今のズッキーニ、こんな大きな実を隠すほど、葉が茂っているのだ。


さて、植え付けを待っていたサツマイモの挿し穂苗を、今日は一気に植え付けた。
挿し穂苗を植え付ける土嚢袋の方は、かなり前に40個ほど準備をしていた。

で、こちらが1週間前に取ってきた挿し穂苗
端の方を水の中に浸けていたら、そこからしっかり根が出ていた。
4種類の苗を土嚢袋に植えつけた。
植えたのは4種は、最も期待している『紅はるか』と、甘さと目にいいアントシアニンに期待している紫芋『パープルスウィートロード』、そして、今年畝に挿し穂していた苗が最もたくましく育っていた『紅あずま』、さらに『鳴門金時』だ。
今日は午後から晴れてきたが、根が出ている苗を湿った土に植えつけるので、これからの梅雨本番シーズンなら、このまま放置しても100%生着するだろう
2日前の雨で、土は十分湿っていた。
で、こんな感じの苗を、土嚢袋に斜めに挿していった。

生着さえしてしまえば、よほど長期にわたってカラカラ天気が続かない限り、芋は立派に育つはずだ。
そして、土嚢袋で育てる芋は、収穫時期にモグラにやられることがないので、安定した収穫ができて、きっと十分満足するはずだ。
こちらは、苗の植え付けが終わったパープルスィートロードの土嚢袋。
さらに、今年の土嚢袋の土には、初めて作ったボカシ肥料も入れている
この肥料効果のあるなしを収穫の時に確かめるのも楽しみになりそうだ。

2017年6月21日水曜日

雨の後の水田で餌を探すバン。側には子バンの姿。今日の収穫野菜。

まだ、田植えが終わったなかりの水田にバンの姿。
何かをしきりに食べている。
と、土手の方に上がっていった。

そこには子バンの姿があった。
大きさ的には巣立つ寸前のようにも見えるが。。
よく見ると、子バンはまだ羽根も短いようだ。
で、親に食事をねだっている。
親が与えようとしているのは、柔らかい草だろうか?


さて、さすがに今は収穫の6月
ズッキーニ以外にも、いろいろな野菜が収穫できるようになってきた。
で、今日の収穫野菜を紹介
こちらは、白カボチャ
こちらは、Beetroot
こちらは、インゲン豆
今日が初収穫のピーマンとジャンボシシトウ
こちらは、トウモロコシ
こちらは、キュウリ

そして、野菜ではないがビワもまだ収穫できている。

ただ、これから雨が続くと、これまで多くの収穫を誇ってきたズッキーニの苗が弱り始める。
それでも、今日はまだこれくらいのズッキーニが採れた。
そしてこちらは、ミミズくんの餌用に持って帰った、痛んだり、大きすぎて食べれないズッキーニ。
もう恐ろしいほどのズッキーニの収穫はできないだろうが、少しでも長い期間、収穫が続くと嬉しい。

これから、トマトやオクラや枝豆などの収穫も始まるだろう。
しばらくは、賑やかな収穫の季節が続きそうだ。


2017年6月20日火曜日

待ちに待った雨が降り出した。カボチャの収穫、2回目で早くも1.5kg。遅ればせながら冬瓜の小さな苗移植。種から育てたモロヘイヤとバジル。

雨!雨!
待っていた雨。
天気予報では、今日からしばらく傘マークが続いている。
この雨を待ちに待っていた
明日はサツマイモの挿し穂苗の植え付けもできそうだ。

さて、今日は今年2回目のカボチャの収穫。
今日は4個のカボチャを収穫したのだが、その中で一番美しいと思ったのがこれ。
こんなカボチャを収穫するときは、なぜかとても幸せな気分になるのだ。

これまでの少雨にもめげず、また、笹竹を片付けた今年初めての場所で、カボチャの苗たちは順調に育ってきた。
カボチャはもちろん美味しいことも大事なのだが、毎年その収穫そのものを楽しんでいる。
形や、色や、大きさで収穫するカボチャは1個1個が皆個性派なのだ。

大きさで言えば、例年取れ始めの6月中旬は1kg前後。
それが、6月後半から7月の上旬になると、その年の最大級のカボチャが取れるようになる(去年は7月6日に3100gの巨大カボチャを最大)。
そして、7月後半からは取れるカボチャが500g前後の小さなものに変わり、歪な形のものが増え、中には早く腐れてくるものも出てくる。

だから、大好きなカボチャの収穫を最も楽しめるのはこれからの3週間ほどなのだ。
出来れば、今年も3kgクラスの巨大なカボチャを1個は収穫したいと願っている。
3kgのカボチャを収穫するときは、里山で7cmのヒラタクワガタに遭遇するのと同じくらい感激するのだ。
そして、今日収穫した4個のカボチャは、今年2回目の収穫にしては上等で、大きなもの2個が1.5kgに達していた
こちらはフットボール型、恐らくロロンカボチャだ。
こちらは、エビスカボチャと思われる最初の写真のカボチャ。

ところで、我が家では、カボチャは自家採種の種から、また、芽出しがうまくいかなかったところなどには、自然発生苗を追加移植している。
一方冬瓜は、自然発生苗の移植のみで育てているのだが、こちらはこれまで、それらしい苗が見当たらなかった。

ところが、トマトなどを植えている夏野菜の畝で、カボチャが収穫出来始めたこの時期になって冬瓜の双葉が見えてきた
ン!! カボチャより小さなツルッとした感じの双葉。
これは間違いなく、撒いたミミズ堆肥から出てきた冬瓜の自然発生苗だ。
今年は、冬瓜の種が入っていた堆肥を蒔くのが遅すぎた?
たくさんは要らないが、全くないでは寂しい冬瓜。
好きな方から、お裾分けの予約も入っていたので、何とか自然発生苗が見つからないか、時々畑を見回っていた。
その冬瓜の苗が、例年より1ヶ月も遅く、やっと見つかったのだ。
で、早速その小さな苗を数本、第2菜園の空いたスペースに植えつけた。
ちょうど今日から雨続きの予報なので、水やりをしなくてもしっかり根付くだろう。
これで、今年は収穫に有り付けないのでは?と心配していた冬瓜も大丈夫だろう。


さて、こちらは昨年の自家採種タネで育てているモロヘイヤ
我が家の必要量は4本だろうと判断し、大きめのプランターたくさん出てきた芽から2本を残し、畝にも2本を移植して育てている。
プランターにはこんな感じで2本を育てている。

こちらは、プランターで育った小さな苗を畝に移植したもの。
まだ小さな苗だが、畝に移植した苗はこれからぐんぐん大きくなるはずだ。

モロヘイヤと同じく、種から育てた小さな苗が急に大きくなり始めているのがバジル
3個のプランターに10本あまりの苗が育っている。
こちらは、小さな苗の中心の枝から収穫を始めている。
まず中心の枝を摘むと、側枝が伸びて苗の形が良くなる。

これからの時期、メインの夏野菜に混じって、モロヘイヤやバジルも欠かせない存在になるはずだ。

2017年6月19日月曜日

長〜いズッキーニがその姿を現してきた。

我が家の畑に、これまで見たことのない長〜いズッキーニがその姿を現してきた
くの字に曲がって伸びているズッキーニ。
長さは60cmを超えるくらいありそうだ。

最近の黄緑ズッキーニや白ズッキーニの成長は凄いが、今年育てているズッキーニ栽培で最も収穫を楽しみにしているのが、下の写真のようになるかもしれない長〜いズッキーニ
これは、昨年夏スペインでゲットしていた種子袋の写真。
こんなズッキーニが我が家でも出来るだろうか?
この1mくらいの長さになる長〜いズッキーニは、イタリア南部では、よく食べられているらしい
イタリアでは、Zukka LungaとかZucckina Lungaと呼ばれ、そのまま訳すと長いズッキーニ。
この種袋は、スペインでゲットしたので、スペイン語で書かれているかと思いきや、やはりイタリア語でZucchetta da pergolaと記載されていた。
正確には分からないが、恐らくZukka Lungaと全く同じものだろう。
日本人でこの長いズッキーニ(Zukka Lunga)を食べた方の話を調べてみると、味は冬瓜に似ているとか?

果たして、我が家でもこのズッキーニを育てることが出来るか?とても興味があった。
ところが、この種を他のズッキーニの種と同じ時期に蒔いたのだが、ほとんど芽を出さなかった。
で、最終的に種袋の全ての種を蒔くことになった。
もう芽出しは無理かと思った矢先、僅か3本が芽を出し、苗として育ち始めた

ところで、種袋から出したこの種、何度も育てたことがある、ひょうたんの種そっくりだった。
こちらがその種。
他のズッキーニとは似ても似つかない形の種だ。
この長いズッキーニは、ズッキーニの親戚で、ひょうたんの兄弟なのかも。

芽出し率が極端に低かったので、日本の気候には合わず育てるのは無理なのかな?と心配していたが、5日ほど前、3株のうちで、一番育ちの良いものに花が咲いているのに気づいた
もう枯れた花もあったので、気づくかなり前から花は咲いていたようだ。
黄色い大きな花が咲く通常のズッキーニとは、花や葉の状態が全く違う。
やはり、ひょうたんとよく似た白い花で、より小さい
葉もカボチャに似ているが、成長もカボチャのように地を這って伸びている。
もし、支柱を立てたら、上に伸びるのかもしれない。
この株だけを見ると、カボチャそっくりで、とても元気そう
そこで、葉の影を探してみると、あった!!
長〜いズッキーニのBabyだ。
もう実がなってかなり時間が経っていたのだろうか?
これは、5日前の写真だが、もう30cm以上の長さに見えた。

嬉しくなって、翌日メジャーを持って長さの計測に行ったら、実はさらに長くなっていた。
とても細いのだが、もう長さ46cmもあった。

ということで、この長〜いズッキーニの成長も他のズッキーニの負けず早いようだ。
長さを測って4日後の今日、最初の写真のようにその長さは60cmを超えるくらいになっていたのだ。
この成長スピードからいくと、この長〜いズッキーニ。
最終的にどれくらい長くなるのだろうか?
あまり大きくなると味が落ちるかもしれないので、最初の1本はそう遠くない日に収穫することになりそうだ。
次の1本は、どこまで長くなるのか?その成長を確かめることになるだろう。
まずは、最初の1本で、本当に冬瓜に似た味なのか?早く確かめてみたい。

また、調べてみると、この長いズッキーニの葉や芽は、テネルーミtenerumiと言い、これも料理に使えるのだそうだ。
今は美味しい野菜が有り余るほである時期で、まだ食卓に乗ることはないだろうが、こちらも一度は味わってみたいものだ。

2017年6月18日日曜日

デストロイヤーの収穫の後半戦。冬収穫した芋を種芋にしたものを収穫開始。蔓野菜、キュウリに続いてインゲン豆の初収穫。

大きくなり始めたオクラに、倒れ込んだリーフチコリーの花が暑い日の畑仕事の清涼剤。



デストロイヤーの後半戦は、この冬収穫した芋を種芋にしたものだ。
この時期の芋には、風合いがある?というか結構傷んでいるものが増えてくる。
少し傷んだところが、あご髭のような感じになったデストロイヤー。
顔の上半分は焼けたような感じになって、渋さが出てきたデストロイヤー。
これらは、今年のデストロイヤー賞にノミネートされている。


デストロイヤーは、種芋を植える時期と場所により1〜4陣あったが、植えた種芋夏収穫したもの冬収穫したもの2種類だ。

夏収穫したものの方が、植えるときに芽がしっかり出ているし、早く植えているので早い時期の収穫となる。
こちらは、1、2陣と3陣の一部で、数週間前に前半の収穫として終えていた。
今年は、種芋として使った、夏収穫した芋が大きかったのがよかったのか、この前半の収穫では綺麗な芋が多く、且つ、長さ15cmに達する大きな芋も採れた。

で、今日からが、冬収穫した芋の収穫、すなわちデストロイヤー収穫の後半戦だ。
種芋として使った、冬収穫した芋は小さなものが多かったのだが、今日収穫したものは、その中では大きめの芋を使った第3陣だ。
今日は第3陣に残していた芋を全て収穫を終えた。
残念ながら、期待したほど大きな芋は採れなかった。

この時期に収穫する芋は、大丈夫と思って収穫した芋でも傷んでいるものがある。
だから、そのまま乾かして保存していると、傷んだ芋が腐れて、それが他の芋にも広がってしまう。
だから、まず洗って、そんな危ない芋を選別する。
こちらは腐りそうな部分がある、非常に危険なグループ。
これらの芋は、ミミズくんの餌になる。
こちらは食べるのには大丈夫だとは思われるが、傷が入ったりや穴が空いている。
他の芋とは一緒に保存しないグループで、早めに食べるようにしている。

洗った後、芋を並べて、その顔つきを見ている。
大きさは小ぶりのものが多い。
数は、まずまずといったところだ。
5〜6cmが中心小振りの芋でも、個性ある面々が揃っていた。
最大の大きさの芋は、長さ12cmだった。
恐らく、今月末頃、デストロイヤーの第4陣を収穫することになるのではないだろうか。
小さな種芋ばかりを植えた畝だが、苗の状態はとても元気そうだったので、10cmクラスの芋にもう少しお目にかかれるかもしれない。


さて、我が家の蔓野菜、先日からキュウリやツルムラサキの収穫が続いているが、今日はインゲン豆の初収穫だった。
手前のキュウリとインゲンが今日の収穫。
奥のキュウリは数日前収穫してきたもの。
夏野菜は初収穫と思ったら、すぐその後からは大量に収穫できるようになるものが多い。
キュウリも、ズッキーニほどではないが、そんな感じでこれから少し採れすぎの傾向になるかもしれない。

ところで、ズッキーニの勢いは、まだまだ落ちていない。
今日の収穫もこんなに。
どうやら、雨が降り始めるまではこの勢いが続きそう。
今日も、焼いたり、スープやコロッケにしたりで、家人も頑張ってくれている。

2017年6月17日土曜日

今年のビワは順調に収穫できている。全盛のズッキーニに混じって嬉しいナスの初収穫だ。

雨が降らないためか、今年のビワは成りがいい。
大きくはないが、今のところ虫や鳥の被害もなくきれいな状態だ。
葉の方も、大きくて元気良さそう。
そのうちビワの葉茶もつくろう。
2月の摘果の効果は全く不明。
下半分は摘果したはずなのだが、摘果した場所の見分けもつかない。
で、こちらが今日収穫したビワ。
先週収穫を始め、しっかり色付いた実から週に2回ほど収穫している。
ただ、期待に反して、大きさは例年通り小さい
予想ほど甘くはなかったが、お陰でたくさん食べれる。
小さくてもきれいな実なので、好きな方にはお裾分けもできている。
パクパク食べているが、時に甘いのに当たることがある。
そんな時はやはり嬉しい。
来年は、もっと大きくて甘いビワが採れるように、摘果を含めもう一工夫考えよう。


さて、ここ数日、ズッキーニの畝を見に行くのが怖い
ここ数年、毎年この時期に起こることなのだが、この時期のズッキーニは爆発状態なのだ。
取り忘れると、数日で巨大になり食べれなくなったしまうので、怖くても毎日のように収穫に足を運んでいる。
我が家でも必死に消費し、おすそ分けもいろいろしているのだが、さすがに毎日この量がとれると大変だ。

そんな中で、今日は嬉しい、嬉しいナスの初収穫があった。
今日は、ズッキーニに混じって、立派なナスを2本収穫。
このナスは、初めて種から育てたナスだ。

寒い時期に温室内で発芽させた。
発芽するときは、ブロッコリーやトマトより、温度管理がずっと難しかった。
こちらは、2月上旬の温室内。
ブロッコリーや茎ブロッコリー、スペインキャベツの芽出しは簡単だった。
しかし、左端のナスのポットでは芽が出ていない。
それでも、小さく育ったポット苗をパオパオ内に移動させ、その苗もかなり小さいうちから、畝に移植して、防風用のビニールあんどんで囲って育てた。
4月中旬、風除けビニールあんどんで囲まれた小さなナスの苗。
そんなナスが、立派に育ち、シシトウやキュウリよりは遅れたが、ピーマンやトマトより早く収穫できたのだ。
いや〜収穫するときの喜びも格別だ。

2017年6月16日金曜日

ディルの種採り。今年は芽出しや育苗はうまくいくかな〜?

数年前から育てるようになったディルとフェンネルは大好きなハーブで、スープや肉料理などによく使っている。
だから、これから先も毎年栽培を続けていきたいと思っている。

こちらは、今日収穫したディルの種

ディルは花の時期が終わり、種が茶変してきた。
収穫する種の大きさを少しでも大きくするために、かなり前に、花がらを一つの苗に1個に減らしていたのだが、その分残した花がらの種は大きくなっただろうか?
今年の種も、去年同様かなり小さいような気もするが。。。
正確なサイズを測っていないので、その辺のことは分からない。

こちらは、1ヶ月ほど前に優しい綺麗な花を見せてくれていた頃のディル。
ひと株から3個くらいの花が咲いていた。
この中の1個のみを種取り用に残しておいたのだ。

去年のディルは、この時期に初めて自家採種して、8月の終わりに袋と畝に種蒔きをした。
蒔いた種が多かったので、どちらにもたくさんの芽が出てきた。
こちらは、畝に種蒔きして1ヶ月目(昨年9月の終わり)のディルの小さな芽。
こんな感じで、小さな畝全体に芽が出ていた。

しかし、種が小さかったためか、間引きのやり方が下手だったのか、育った苗が貧弱で、畝に直播したものは芽が出て3ヶ月後くらいに全滅
40cmほどの袋に蒔いた種から出た芽は何とか最終的に3本が残った。
そして、その3本がある程度の大きさの株に育ち、今年は最低の葉の収穫と花を楽しむことができた。

来年のディルは、出来れば今年よりも多くの収穫を、と望んでいる。
で、種の収穫は、一つの株から花がらを1個に絞ることで、少しでも大きな種が取れるように努力した。
収穫した種の大きさは正確に測っているわけではないので、努力の効果の有無は全くわからない。

花がらの数を絞ることで、種が大きくなるかどうかは、今フェンネルの花がいっぱい咲いているので、こちらで確かめてみることにした。
今年のフェンネルにはなぜかキアゲハが寄っていないみたいだ。
今のところ幼虫の姿が見えず、おかげで花がきれいに咲いた。
フェンネルの種は、採取する必要はないのだが、一株を、下の写真のように一輪の花のみを残す形にした。
この花から採れる種は、ほかの株より大きくなるだろうか?
そうなれば、今日収穫したディルの種も昨年より大きいかもしれない。
刈り取った、フェンネルの花や葉で使えそうな部分は、洗って乾燥した後、非常用に冷凍しておいた。
年中欲しいフェンネルなので、初めて冷凍保存してみることにした。


さて、種のサイズはともかく、今年蒔くディルの種は、昨年のようにたくさんは要らない
目標は、5本くらいの苗を去年より大きな株に育てることに置いている。
昨年と同じように、8月の終わりには今日採取した種を蒔くことになりそうだ。