2017年12月11日月曜日

オクラの種採り。四角豆、来春蒔くための種を選別。

今年のオクラは、育てた苗は少なかったし、横の畝にあったリーフチコリーの伸びた茎葉が倒れこんできで、生育が遅れた感じがしたが、その後うまく成長し、結構長い期間収穫出来た
害虫捕殺隊の努力もあってか、カメムシ、フタトガリコヤガなどによる被害が比較的少なくすんだのも良かったみたいだ。
7月初めから収穫が始まり、ほとんど途切れることなく10月の中旬まで収穫出来たので、ここ数年では一番うまく育てられたように思う。

そんなオクラの種採りに今年も挑戦してみようと、10月の中旬からいくつかの実を残しておいた。
四角豆の鞘を収穫し終えた3週間ほど前、オクラはまだどの鞘も青々していた。

そんな鞘がやっと茶変してきたので、1週間ほど前大部分の鞘を茎ごと収穫した。
で、今日はそんな鞘の幾つかから最初の種採りだ。
手前に見える鞘が割れ始めたものなど茶変した鞘から種採りだ。
収穫して1週間で、まだ緑色が残っている鞘は収穫が少し早すぎた?
そんな鞘はそのまま残している。

種取りをした鞘からは、まずまず立派な種がたくさん出てきた。
色も黒っぽく、大きな種は文句なしだ。
ここにある種の8割はそんな種だ。
で、来年育てる苗はもう心配なさそうな感じだ。

ただ、同じくカラカラになっていても、少し小さめの鞘などには、割った瞬間いい種が見えなかったものもあった。
全ての種取りがうまくいくわけではないようだ。
こんな鞘は、即ボツだ。

これから、残している幾つかの鞘から種を取り出すことになるだろうが、ちょっとでも出来が悪いと思われるものはすべて廃棄しよう。
こちらは残している鞘。
これらの鞘は、収穫する時期がもう少し遅くても良かったと思われる。
来年からの鞘の収穫は、もっとカラカラ状態でおこなうようにしよう。

最終的には、これから収穫する鞘の種も含めて、すべての種を並べて来年蒔く種だけを選別することになりそうだ。


そして、一歩先に蒔くための種の選別をしたのが四角豆
最後に収穫した鞘からは、茶色が濃い種が出てきた。
今年買った種は皆こんな色だった。
今日の選別では、同じ大きさならこんな色の種を優先しよう。
これまで収穫してきた四角豆の種は、下の写真のようにたくさんあったので、来年蒔く種をこれらの中から選別だ。
これらが今年収穫した四角豆の種。
選別にあぶれた多くの種は、エンドウ豆の時と同じく豆苗(とうみょう)作りに使おうと思っている。

で、選別した四角豆の種がこちら。
見るからに、大きくて美しい種!
来春はこれらの種をまいて、最終的に5〜6本くらいの苗を育てるつもりだ。


エンドウ豆の場合もそうだったが、収穫がうまくいくと、種採りもうまくいくように思われる。
今年収穫が順調だった四角豆とオクラは、種採りもうまくいったので、来年育てる苗については全く心配しなくてよさそうだ。

2017年12月10日日曜日

この時期の芋たち

秋冬野菜の主役は芋類
我が家で育てている芋類は、先月末収穫が終わったつくね芋
昨日最終収穫が終わった里芋
収穫が終わったと思って昨日畝を整備していたら、思わず出てきたサツマイモ
そして、今が収穫真っ只中のデストロイヤー、ヤーコン
その他、人気がないので味噌漬け用にバーミキュライトの中に残しているキクイモがある。
で、掘り起こす楽しみ、食べる楽しみが10月の後半から続いているのだ。
こちらは昨日最終収穫?の採り忘れていたサツマイモ
あると思わなかったところにあったので、鍬でかち割ってしまった
1.8kgと今年収穫した中で最重量だったが、割れていたので未公認記録。
こちらは、昨日最終収穫した里芋の親芋。
今年不作だった里芋だが、最終収穫でやっとまずまずの芋が採れた。
親芋も10cm近くあり、来年のいい種芋になりそうだ。

収穫した芋たちは、腐れないように乾かした後、台所に置いているのだが、この時期はそんな芋たちで台所の片隅が満員御礼

こちらはつくね芋
今年は20cmちょうどくらいの芋が最大だった。
それでも、昨年の大不作からの復活だったので嬉しかった。
つくね芋がとろろで美味しいのは、1月中旬まで。
今年はその頃まではなんとか持ちそうな量の収穫が出来た。

天ぷら、汁物、きんとんなどに活躍しているサツマイモ
今年は『紅はるか』の出来が特に良かった。
土嚢袋いっぱいに成長した大きなサツマイモを取り出す時の快感はなんとも言えなかった。
ただ、長期保存にはここ数年失敗していたので、一部バーミキュライトの中でも保存している。
サツマイモは大きなものから小さなものまで、まだいっぱいある。

例年より収穫量が少なかった里芋は、来年に期待しよう。
それでも、1月中旬頃まで食べる分は確保できている感じだ。
来年は一昨年のように、大きな里芋をたくさん収穫できることを願っている。

ヤーコンは、今年は豊作のようなので、30cmクラスの芋が採れるのを心待ちにしているが、今の所大きさ的にはまだ20cm止まり。
収穫したては、こんな感じで、切っても白っぽく味も淡白。
しばらく取り置いてシワが入った芋を切ると、蜜のように黄色っぽくなる。
そんな芋は、食べると甘くて実に美味しい。

そして、芋類の中でも主役なのがデストロイヤー
やはりどんな料理にも使えるので、消費量も多い。
デストロイヤーは台風被害にあったのだが、今年は例年より多めに種芋を植えていたので、収穫量としては例年通りになりそうだ。
台風の影響を受けたデストロイヤー、最初は小さな芋ばかりが採れていた。
最近やっと大きめの芋も採れるようになってきた。

というようなことで、デストロイヤーとヤーコンにはもうしばらく収穫を楽しませてもらおう。
今日のような雨の日は、畑にも山歩きにも行けず寂しいが、そろそろ来年育てる芋たちの種芋のことや、植え場所などにも思いを巡らしている。

2017年12月9日土曜日

晩白柚に盗難防止として表面にマジックで番号を書いてみた。果たしてその効果は?

我が家の果樹園では、いろいろな果樹が鳥や猿の被害にあってきたが、ここ数年人による盗難被害にあう晩白柚
それも大きい方から半分くらいを盗られるのだ。

温州みかんが猿の被害にあった時は悔しい思いになるが、晩白柚が盗られた後はとても悲しい気分になる。

被害にあったのは、昨年は2月、今年は1月の20日過ぎだった。
今年も12月に入り、晩白柚はまずまずの大きさになってきた。
で、この時期に何か対策を取ろうと思っていた。
立て札か、囲いなどが効果が大きいのかもしれないが、一番手っ取り早い方法を取ることにした。

ちょっと品がないのだが、下の写真のような盗難対策をやってみたのだ。
晩白柚の表面にマジックで番号を書いてみた。
手に届き雨ところは、大きなものからの順番を書いている。
大きいものはすでに20cm近い大きさになっている。
この番号で、大事に育てている私の気持ちがちゃんと伝わると嬉しいのだが。。。

この晩白柚、来年の1月の終わりころから熟れたものから順に収穫開始する予定だ。
美味しい晩白柚を食べて、特に大きくなった実を選んで、下の写真のようなメジロ君の家を4個くらい作りたい。
それらを仕事場の窓際にぶら下げて、仕事合間に目を楽しませてもらおうと思っている。
もちろん、晩白柚は美味しいので、多くの知人にお裾分けもしたいのだ。
こちらは去年作ったメジロ君の家。
去年も20cmクラスの実が成っていたのだが、16cmが最大の家だった。
晩白柚の表面にマジックで書いた数字は、メジロ君の家を作る時には邪魔にならないが、やはりお裾分けする時には消しておきたい。
果たして、私の思惑通り、今年の晩白柚は無事に収穫できるだろうか?

2017年12月8日金曜日

来年は乾燥イチジクを作ろう。今年は思いついたのがちょっと遅すぎた。

我が家の今年のイチジク、収穫したのは1本の木だけだったのだが、1月の剪定が良かったためか?カラス除けのネットが役に立ったのか?とにかく夏の時期は豊作で、毎日のように数十個の収穫があって、お裾分けも出来たし、ジャムも作って食べていた。

ただ、1ヶ月ほど前から、熟したように見えるイチジクも、硬くて美味しくなくなった
こちらは、1ヶ月ちょっと前のイチジクの木。
この頃からイチジクを収穫することはなくなった。
その頃鳥よけのネットも破れて役に立たなくなっていたので、赤くなった実はカラスに好き放題食べられていた。
そんなカラスが食べた後のイチジクは、あちこち地上に転がっていた。
こんなイチジクも乾燥させれば、甘くなって美味しそうに思えた。

確かに、以前乾燥イチジクは食べたことがある。
おそらく外国産のものだったのだろう。
かなり小さかったが、なかなか美味しかった。
後になって気づいたのだが、カラスに思う存分食べられていたイチジクも乾燥イチジクにすれば良かったのだ!!

そこで、乾燥イチジクの作り方を調べてみたのだが、天日で乾燥させたり、電子レンジを使ったりの方法が紹介されていた。
栄養価も高く、体にもとても良いとのことだった。

で、乾燥イチジクを作るにはさすがにもう遅すぎるだろうと、イチジクの木を見渡すと、成っているのは緑の実がほとんどだが、まだ、中には赤みを帯びた実もあった。
一つの枝に1個くらい、赤みを帯びた実があった。
見るからに硬そうで、とても食べる気にはならない。

イチジクの木は、1月に本格的な剪定をする予定だが、今日はこんな赤みを帯びた実が付いている枝を数本落とした。
赤みを帯びた実で乾燥イチジクができるかチェックしたくなったのだ。

もちろん、切り落とした枝に付いていた緑色の実は、直ミミズ小屋行きだ。

しかし、少し色づいていたものは、持ち帰って切ってみた。
この中にいくつくらい乾燥イチジクに出来そうな実があるだろうか?
もちろん、生で食べたくなるような実は一つもなかった。
切ってみて、こんな色になっていたものは、一応乾燥イチジクに出来そうだ。
しかし、この乾燥イチジク作りのアイデア、やはり少し遅すぎたみたい。
ほとんどの実はスカスカ状態で、色も悪く乾燥イチジクには出来そうになかった。

一応、わずか2個のイチジクを乾燥イチジクにしてみようと、4分割してキッチンペーパーに乗せ天日干しにしてみた。
これはあくまでも、試験的な試み。
これでもし、甘くて美味しい乾燥イチジクが作れるのなら来年も挑戦だ。
ということで、今日ちぎった大部分のイチジクはは、ミミズ君の餌になった。
珍しい餌に、ミミズ君たちも喜んでくれるに違いない。

来年からは、10月以後の味が落ちたイチジクでも、カラスに食べさせるのではなく、それらを使った乾燥イチジク作りに挑戦してみよう。

2017年12月7日木曜日

枯れた松葉収穫から10ヶ月。ビニール袋に入れていた松葉は一部堆肥化してきた。一方、松葉にボカシ肥料を混ぜていたものは?

我が菜園の側には松林がある。
緑色の木に付いている松葉はPH=3.5くらいの強酸性らしい。
ところが、そんな松葉がたくさん落ちているところの土壌の酸度計はPH=6.9で、全く酸性には傾いていなかった。
枯れた落ち葉では、酸性度は問題ないみたい。
また、松林の中では、土が腐葉土化していてフカフカ状態で、そんな土は野菜作りにも使えそうに見えた。

そこで、今年の2月、松葉を大量に収穫して黒いポリ袋に入れておいた。
こちらは今年2月の写真。
これらは、何年で腐葉土になるか見てみようと思ったのだ。

そんな松葉の落ち葉を、1箇所畝の中にも鋤き込んでみた
鋤き込んだのは、里芋の畝。
もし松葉がしばらく堆肥化しなくても、土が硬くならずに里芋にとっていいのではと考えたのだ。

結果は、極めて悪い芽出し
そのため、この時期の楽しいはずの里芋の収穫が、今年は寂しいものとなってしまった。
後で調べてみると、若い松葉は酸性度が高く、畑に鋤きこむのには不適。
また、松葉の落ち葉でも、発芽抑制作用があって畑に鋤き込むのは良くなかったようだ。

ところで、ビニール袋で保存していた枯葉の松葉は、10月の台風でビニールが破れて、松葉が辺り一面に散乱していた。
散乱していないビニール袋に残った松葉は、水を含んで黒ずんでいた。
よく見ると、下の方は一部堆肥化していた。
このままもう1〜2年くらい置いていたら、全てが堆肥化したのかもしれないが、松葉を包んでいたビニール袋が破れたのではこれ以上放置は不可能だ。


一方、松葉にボカシ肥料を混ぜてポリバケツに保管していたものはどうだろう?
約10ヶ月、このポリバケツで保存していた。
ボカシ肥料の力で、堆肥化が促進されているのではと期待していた。
ところが、蓋を開けてびっくり。
全く堆肥化された跡がない。
上層の乾いた松葉を外してみた。
どこまでいっても、松葉は乾いた状態で原型を留め、乾いたボカシ肥料が一緒に見えるだけ。

思惑は全く外れた
ボカシ肥料も混ぜて堆肥化が進むなんて全く起こらなかった。
ポリバケツの中の乾燥が一番の敗因だろう。


ただ、ビニールで保存していた松葉も、ポリバケツの中の松葉も、以前調べた枯れ松葉がPH=6.9で全く酸性には傾いていなかったのなら、恐らくそれと同じ酸性度だろう。
マルチに使用するのは全く問題ないのではないだろうか?

で、、ビニール袋から散乱した松葉を集め、袋に残った全てを取り出し、またポリバケツの松葉も全て取り出し、菜園側のオリーブなどの木の根元や花壇に撒いてマルチングした。

花壇に植えっぱなし球根の発芽が抑制されるとしたら、ちょっと残念。
もう発芽している球根の部分には、松葉を掛けないようにしておいた。

しばらくは雑草の発芽を抑え、時間が経って腐葉土化すれば、オリーブなどの木々にとっては全く問題ないはずだ。
ただ、これから植える球根は、松葉をよけて植えることにしよう。

今年もこの時期の松林には、いっぱいの落ち葉があるのだが、この冬の松葉集めはやめにしておくつもりだ。
来春、オリーブの木やバラの木などによほどいい影響が見られたら、来年の冬には、松葉マルチを目的に、また松葉集めをするかもしれない。

2017年12月6日水曜日

ビニールトンネルを作った後に残ったビニールの切れ端で、ローズマリーとラベンダーの挿し芽用の防寒プランターを作成。

先日、温室用にビニールトンネルを作った後、ビニールの細長い切れ端が残った。
幅30cm余り、長さ180cmほどのサイズだ。
中途半端な大きさなので、使いにくそうだが、捨ててしまうのは勿体無いと思い、何か使えるものはないかを考えていた。
そこで、3列並んでいた箱型プランターの上に置いてみたら、ちょうどそれを覆うサイズだった。
ここにあるプランターには保温用にパオパオをかけている。
ということで、ビニールの切れ端の出番はない。

ということは、このビニールの切れ端で、新たに3個のプランターの防寒用カバーを作ればいいのだ。

で、新たにビニールカバー付きのプランターを必要とするものがないか、辺りを見渡してみた。
すると、すぐにちょうど良いものが見つかった。
下の写真は、昨年同じ時期に挿し芽して、その後順調に成長してきたラベンダー
昨年の挿し芽した6本の中でが5本が生着し、まずまず元気に育ってくれた。
ここにビニールを掛けようというわけではない。
昨年の今頃挿し芽した頃はこんな姿だった。
これらの苗は、冬用に剪定し、冬の防寒用には不織布を掛けた。
この苗が生き延びてくれたら、挿し芽の必要はないのだが。。。
これらの苗は来春確認することになる。
その剪定作業で、こんな感じの枝が出た。
これら剪定した枝から、新鮮な枝を新たのプランターに挿し芽することにした。
そのプランターにビニールの切れ端が役に立つのだ。


一方、こちらはローズマリー
左が去年挿し芽をとった元株で、右がその挿し芽で育った株だ。
こちらも、剪定と防寒処置をすることにした。
ローズマリーは、その香りが好きで今年結構な量を使ったので、来年はもっと増やしてみたい。
で、こちらも上の写真の2つのプランター以外に挿し芽で増やすことにした
まずは、これらの苗の剪定と防寒。
防寒はラベンダーと同じように不織布で行った。


で、これらローズマリーとラベンダーの剪定で出た枝の一部を、下の写真のような箱型プランターに挿し芽することにした。
プランターには、自慢のミミズ堆肥やボカシ肥料が入っている。
プランターの右端には3箇所ドリルで穴を開け、ビニールを固定した。
ビニールの固定場所はこんな感じ。
ビニールは柔らかいので、片方を固定しておくと管理が楽なのだ。
片方のビニールの端の3箇所の固定には針金を使った。
他の場所のビニールは、挿し芽したあとクリップで固定した。

そして、挿し芽したプランターはこんな感じ。
こちらはローズマリーの挿し芽。
ローズマリーもラベンダーも同じように挿し芽した。

最終的に下の写真のような、ビニールでカバーされた3個のプランターが出来上がった。
もし水遣りが必要と判断した時は、数カ所クリップを外すだけで簡単にできる。
ローズマリーが2個、ラベンダーが1個のプランターに収まった。
ビニールカバーが防寒の役を担ってくれると嬉しい。

もしうまくいけば、この防寒プランター、ビニールはしっかりしているので数年は使えそうだ。

2017年12月5日火曜日

八朔の収穫開始。デストロイヤーをボチボチ収穫していたら自然発生の立派なルッコラ発見。

寒い!

さて、先日の日曜日初めて八朔の収穫を始めた。
一見、今年も文句なしに実をつけているように見える八朔。
左手(西側)と右(東側)では、実の付きや葉の茂りが違う。
数は例年とさほど変わらないように見えるが、サイズが若干小ぶり。
葉の茂りも西側はいいのだが、梅と接する東側が若干少ない。
やはり果樹には日当たりが一番大切なようだ。

で、初収穫の八朔はこんな感じ。
若干早取りで、酸っぱさが残るが十分美味しい。


一方こちらは、台風で弱った苗を初収穫してから数週間が経ったデストロイヤー
こちらは今日4株から掘り起こしたデストロイヤー。
まだ収穫量は少ないが、10cm近いものも取れるようになってきた
下の写真のように、苗の茶変が進んでいるので、これからは週1〜2回の収穫が続きそうだ。
茎葉が茶変しても、他の芋類のように芋が腐ることはない。
慌てずぼちぼち収穫していこう。

このデストロイヤーを収穫していたら、雑草の中にひと際大きな緑の葉っぱが見えてきた。
ん!ルッコラの自然発生苗だ。
とても大きく成長していたので、端の方から一部のみ収穫
ちょこちょこ収穫を、この一株からしばらく楽しめそうだ。
家に持ち帰って、早速シンプルにオリーブオイルと塩だけで味付けしてもらった。
ルッコラの美味しさが、たっぷりそのまま生かされて、最高の一品だ。