2018年5月24日木曜日

この時期のゴボウ。収穫終了したタラの芽の“ふかし”枝では、芽が残っている枝でも根は出ていなかった。

こちらは、花壇のユリの開花1号。
ユリの花は力強い。
これから梅雨にかけての花壇の主役になる。

さて、ゴボウを育て始めたのは5年前くらいだったろうか?
3年ほど前から、育て方の中心ビニール袋とダストボックスになった。

この二つの育て方は、スペースは狭いのが難点だが、管理がし易いので続いている。
数年前までおこなっていたガラ袋での栽培はスペース的に若干広く、これまでのゴボウ作りで一番うまくいった方法なのだが、収穫が終わった後の、細かな柄袋の残片の片付けが大変で、数年前からやめている。
ガラ袋よりさらに広いスペースでゴボウが育てれる、発酵スチロールの底をくりぬいて3段に重ねるやり方も、収穫後の片付けのことを考えて、まだトライしていない。

というようなことで、今年のゴボウは例年通りビニール袋ダストボックス、そして昨年完全に失敗した波板の上でも再度育てている。
また、昨年うまく育たなかったゴボウをそのまま残して、今年花が咲いたり、種採りができるようになるかを見てみようと思っている。

まず、袋栽培のゴボウ
収穫時にビニールを破って、土を外すと、地面からゴボウが林立した姿を見るのが楽しくて、数年前から我が家のゴボウ作りの中心だ。
6個ある袋のうち5個は、今のところ文句なしの育ち方をしている。
ここまで元気に育てば、このあとの敵は水不足とアブラムシくらいだろう。
これまでに2回、アブラムシ予防にリームオイル噴霧も行っている。
ところが、10日ほど前に一つの袋だけがヨトウムシ被害にあって、壊滅状態になっていた。
なぜこの袋だけ、ヨトウムシが入ったのか分からない。
準備をした袋に育つゴボウの苗がないのは寂しいので、別の苗を移植することにした。
ちょうどその頃、波板栽培の方は、うまく育たない可能性も考え、少し多目に種を蒔いていたので、間引きが必要になっていた。
これらの間引いた小さな苗を虫にやられた袋に移植した。
左に見える大きな葉は、2年目のゴボウ。
1週間前、小さな苗を移植した時のビニール袋はこんな感じ。
残っていた3本の小さな苗に、さらに小さな苗を5本移植してみた。
ところが、今日見てみると、移植した苗は根付かなかったみたいだし、残っていた苗もさらに弱っていた。
このビニール袋は撤去して、サツマイモ用の土嚢袋を置くことにしよう。

一方、ダストボックスのゴボウ栽培。
3個のうち2個は順調だ。
ワイルドストロベリータワーの両脇のダストボックスに元気なゴボウの苗が見える。
この時期に、これくらい育ってくれれば上等だ。
ダストボックスのゴボウは、うまく育つと底のところで曲がって直角ゴボウができる。
何より、ダストボックスが使い回しが出来るので、毎年簡単にセットできるのが嬉しい。

ただ、昨年うまく育たなかった苗を1本入れていたダストボックスでは、今年種から育てている苗が、その陰で大きく育っていない。
今大きく育っているゴボウの苗は、2年目の苗だ。
他の苗も負けずに育つと思っていたのだが。。。
これじゃ、今年育てる苗は大きく育たないかも?

ところで、2年目の苗はダストボックス以外に2箇所あった。
その一つは、地植えの形で残っている苗で、大きく成長している。
2年目の苗では6月頃花が咲いて、そのあと種採りができるのだそうだ。
この苗なら、思惑通り花が咲いて、種採りまでできるかもしれない。

そして、去年の失敗に懲りずに今年も行っている波板栽培。
波板に溝に沿って、ゴボウが成長するらしいのだが。。。
今年は水枯れしないように、水の入ったポリタンクも側に置いている。
去年の失敗はこの時期の水不足が一番の原因だったと思われる。
波板の上の10cmほどの土は容易に乾燥するのだ。
ここには、2年目の苗も2本あったので、1年目の苗と一緒に育てている。
真ん中に見えるやや大きめの苗が2年目の苗。
1年目の苗が、これくらいの大きさになっていたら、十分期待できるのだが。
はたして、今年こそは収穫にたどり着けるのだろうか?
ここでは、今のところ1年目の苗も、2年目の苗も枯れてはいないが、どちらの苗も他の場所と比べると小さめだ。
家庭菜園をされる多くの方が、この波板方式でゴボウをうまく育てておられるのだが、私にはハードルが高いのかもしれない。


さて、こちらは大きな容器にバーミキュライトとハイポニカ希釈液を入れて、“ふかし”作業を行っていたタラの芽
この時期のほとんどの枝は、もう芽も出ないで枯れた状態。
プロが行う“ふかし”作業では、温度管理などを厳しくするらしい。
我が家の、“ふかし”作業は、予想ほどの収穫量はなかったが、果樹園に行かないで収穫できたことと、甲虫や蟻などが集まらなかったので良しとしよう
収穫の終わったダラの枝で、興味があったのは、下の部分から根が出ている枝があるかということ。
根が出ている枝は、果樹園に刺せば確実に根付くのだ。
だが残念なことに、根が出た枝は1本もなかった。

枯れた枝は全て片付け、芽が出ている数少ないは、これから根が出てきることを願って、もう一度バーミキュライトの中に入れておいた。

2018年5月23日水曜日

今が花の盛りのセリ科の花たち。種の収穫のため鞘を収穫した、ターツァイ、チンゲンサイ、白菜。

この時期はセリ科の花が賑やかだ。

何といっても綺麗なのは、ディルの花。
花が終わったものから、種が出来始めている。
ディルの花は私が最も好きな花の一つだ。

そしてこちらは、今日が初登場のイタリアンパセリの花。
イタリアンパセリは白い花だった。

こちらでは、セロリの花の咲き始め。
セロリの種はとても小さいが、なるほどと頷ける花が咲き始めた。

そしてこちらは、今年数輪しか咲かないのかと思っていたら、たくさん咲き始めたフェンネルの花。
これくらい花が咲くと、もうすぐキアゲハが寄ってきそうな気配だ。

これらの他にも、我が家の畑ではコリアンダー、ミツバなどのセリ科の花が今咲いている。
どうやら今が、セリ科の植物にとって、花の盛りの時期のようだ。


一方、花の時期が終わって種採りの時期を迎えた野菜もある。
こちらはもうかなりの種が弾けて落ちていた、ターツァイの鞘
ターツァイの種は買うと結構高いので、しっかり収穫しておいた。

ターツァイより鞘が細い、チンゲンサイの種も収穫適期になっていた。

白菜も、1/3くらいの鞘が収穫適期だ。
こちらは、茶色くなった鞘だけを収穫した。

これらの自家採種した種は、9月頃から蒔くことになるのだが、芽出しがうまくいくかとても楽しみだ。


ところで、今日家人が三越デパートでイタリア展を見て、そこでの野菜をメールしてきた。
ビエトラとはスイスチャードの事だ。
イタリアンパセリやディルもこんな値段がするのだ。
我が家にはルッコラだけでなく、ワイルドルッコラもある。
アーティチョークやBeetrootもあるし、ズッキーニは定番だ。

送られてきたメールの写真のほとんどが、私が育てている野菜だったのだ。
それらが、皆とても高かったので、ちょっと嬉しくなった。

で、今日は畑からイタリアン野菜をいっぱい収穫して帰った。
今年初めて育てた、茎太スイスチャード(ビエトラ)。
見かけと違い、生で食べてとても美味しいのだ。
茎のところは細い千切りにして食べている。
収穫して帰ったイタリア野菜はこんな感じ。
ディル、茎太スイスチャード(ビエトラ)、Beetrootの茎葉。
2種類のリーフチコリー、ルッコラとワイルドルッコラ、ズッキーニ。
3本あった、黄緑ズッキーニは初収穫だった。


そんな今日の収穫野菜の中に、お客さんが付いてきた。
空豆に付いてきたのは、先日空豆の苗にアブラムシ対策で放ったカマキリの赤ちゃん
私が放った時と比べかなり大きくなってきたようだ。
我が家にはカマキリが活躍すべきアブラムシはいない。
今日は空豆の皮と一緒に一晩泊まってもらうが、明日の朝は畑に戻す予定だ。

2018年5月22日火曜日

芽出し不良のヤーコンの畝に、落花生の畝から予想外に出てきたヤーコンの芽と、芽出し良好のヤーコンの芽かき苗を移植。

大好きなヤーコン
生で食べても美味しいし、キンピラの時に出てくる自然な甘さもいい。
そんなヤーコンを、今年も去年と同じく、二つの畝に種芋を植えていた。

ただ、その二つの畝で育ち方は対照的だった。
こちらは、1箇所の植え場所に、種芋が小さかったので3〜4個の塊にして植えた畝
元気いっぱい苗が育っていた。
ただ株元を見ると、出た茎の数が多すぎる。

それに対し、大きめの種芋を2週間ほど遅れて植えて、その上にマルチをかけた状態にしていた畝
こちらの畝の方に、大きな期待をしていたのだが。。
マルチを突き上げてもいい時期にも、そんなサインがなかった。
最終的に、この畝から芽が出てきたのは2〜3割程度
芽が出る予定の場所を数カ所掘り起こしてみると、腐ったと思われる種芋が出てきた。
種芋が腐った原因はわからない。
ただ、マルチで完全に覆った状態が悪かったのは間違いないだろう。
種芋の植え付けは、来年からは芽が出た後にマルチを破るやり方はやめよう。

丁度、昨日落花生の芽出し状況をチェックしてみた。
嬉しいことに、落花生の畝では、種を直蒔きたり、ポット苗を移植したりで、何とか予定の場所に全て芽が出揃った
なぜか、緑色の落花生の苗の側に、他の苗が見えた
近づいてみると、そう、これはマルチが突っ張っていたところを破いたら出てきたヤーコンの芽だった。
昨年、この落花生の畝はヤーコンの畝だったのだ。
きっと、掘り忘れの種芋が残っていたのだろう。
で、ヤーコンがここで育ってもらっても困るので、それらの苗は全て掘り起こした。
全部で6株くらいを掘り起こした。
それらは芽出しが悪かったヤーコンの畝に移植することにした。

で、芽出しの悪かったヤーコンの畝も、思わぬ応援の苗が届いたので、ある程度芽が出揃った。
それでも、畝の広さからすると、まだ苗が足りない。
大きなヤーコンができることを期待していた畝。
芽出しの時期から黄色信号がともってしまった。

一方、たくさん芽が出ている苗の方は、出ている茎の数を減らす必要があったので、まず手前にあった1株をスコップで掘り起こし、株分けできるかどうかをチェックしてみた。
ここに見える株を掘り起こしてみた。
掘り起こした後はこんな感じ。
この一つの植え穴に5〜6本の太い枝があればベストのような気がする。
そこでここに見える掘り起こしたものを株分けできるかどうか見てみた。
確かにここには20本ほどの茎が出ているのが、これはどう考えても多過ぎ。
細い茎を外しながら、株分けができるかどうか見てみた。
茎を外すと、すべての土が外れて、苗が不健康な状態になりそうだった。
で、株分け方式は諦め、真ん中の二つの塊は元の畝に戻した。

そこで、他のすべての株は間引き(芽かき)方式をとることにした。
こんな株元を、
ここに見える細い茎はすべて間引いた。
間引いた後は、こんな感じになった。


間引いた苗には、小さな種芋が付いてきたものもあったが、ほとんどは髭根が付いているだけ。
これらを移植しても、根付くかどうか全く不透明だ。
それでも、物は試しで、芽出しが悪かった畝に移植した。
で、芽出しが悪かった畝も、間引き苗をほとんど植え付けたら、今のところはたくさんの芽が出揃っているように見えている
果たして、移植した苗はどれくらいが根付いてくれるだろうか?
明日の雨の天気予報には期待しよう。

そして、間引きをした畝の方は若干スッキリしたように見える。
この畝でも、右手奥に見える移植した畝でも豊作になることを願っている。
これからの成長を楽しみに見ていこう。

2018年5月21日月曜日

ズッキーニとデストロイヤーの初収穫。花が咲くと防虫ネットを掛けていても引き寄せられるモンシロチョウ。

これからの1ヶ月の我が家で収穫できる野菜の両横綱は、ズッキーニとデストロイヤーだ。
今日はそんな両野菜の初収穫だった。

こちらは収穫したズッキーニ
長さは10cm強、だがやや太めだ。
色は緑に見えるが、うす緑だ。
収穫したのはズッキーニの畝ではなくて、カボチャの畝。
カボチャの苗と間違えて、ズッキーニの自然発生苗を植えていたのだ。
ズッキーニの初収穫はうす緑ズッキーニ
こんなズッキーニの種を買った記憶はない。
恐らく、太い白ズッキーニと緑ズッキーニのハイブリッドだと思う。

もちろんズーッキーニの畝でも、いろいろなズッキーニの苗が順調に成長している。
例年トップで収穫できる黄緑ズッキーニは、今年は二番手になりそうだ。
黄緑ズッキーニは、この細さが特徴だ。
あと3〜4日で収穫できそうな感じだ。

こちらは、うす緑ズッキーニの種から育っている苗だが、緑ズッキーニの形質を強く引き継いだようで、緑色が濃ゆい。
ただ、葉の色や形状は、緑ズッキーニのものとは違う。
あと1週間もしないで収穫できそうだ。
これからのズッキーニ、時間差で植えてはいるが、6月の初め頃はピークを迎えそう。
その頃は、消費するのに若干苦労するかもしれない。
とにかくこれからは、ズッキーニの畝を見回るのが楽しみになりそうだ。


そして、こちらが今日初収穫のデストロイヤー
今日は試し掘りだったのだが、1株からこれだけの収穫があったので上等だ
10cmクラスの芋も3個あった。
こちらは収穫した株。
茎が茶変とまではいかないが、少し茶色がかった変化が見られた。

まだ青い茎葉の株にも、芋が露出したところがあった。
こんな芋を放置していたら、ソラニンが増えて食べれなくなってしまう。
通常のジャガイモの緑化のような変化が見えないのでなおさら用心がいる。

で、今日はデストロイヤーの前半戦の苗の株元に土寄せ(土掛け)をしておいた。


さて、こちらはチーマラーパを収穫していた畝。
防虫ネットの内部にモンシロチョウの姿が見える。
ネットにどこか隙間があったのだろう。
ただ、狭い隙間からも忍び込まれた原因は明らか。
アブラナ科の植物は、花が咲くと、モンシロチョウが引き寄せられるのだ。
まだ収穫できそうなトウ立ち菜もあった。
しかし、花が咲いた株はすべて引き抜き、防虫ネットの外に放り出した。
この畝に、また小さなティーマディラーパのポット苗を数本移植しておいたのだが、目に見えないような、青虫がこの畝に落ちていなければいいのだが。。


ところで、今日の悲しかったニュース。
登山家の栗城史多さんがエベレストで亡くなった。
大好きな登山家だったのだが、“やはり”と言うしかない。
一番好きな山で亡くなったのが、せめてもの救いだが。。。