2017年9月19日火曜日

ニンジンの芽出しには、マルチを掛けないほういい?玉ねぎの芽出しは面白い。腰を折って出てきてあとで腰を伸ばすのだ。彼岸花。

秋らしくなってきた。
第2菜園の近くの川の土手には、今年も彼岸花がきれい。
彼岸花の根には毒があり、モグラ予防になるらしい。
モグラが多い第2菜園にも、いつの日か植えたいと思っている。

さて、今日は、ニンジンと玉ねぎの芽出しの様子も見てみた。

ニンジンは9月6日に種を蒔いたのだが、今年使った種は出芽率を上げるため、種の周りがコーティングされたベレット種
これまで、芽出し率が極めて悪かったので今年はベレット種をゲット。
この種を3か所に分けて蒔いてみた。
こちらが、出芽率が高くなると予想して、一番多くの種を蒔いた畝。
種蒔き2週目で、発芽率は約2〜30%とかなり低い。
出てきた芽はこんな感じで問題ないのだが。
もう少し時間を置けば、出芽率は上がるのだろうか?
芽が出ていないところには、コオロギの死骸が転がっていた。
大きなコオロギなので、老衰なのだろうか?
まさか、このコオロギが出始めた芽を食べてしまったわけではなかろうが。

一方、カボチャを収穫した後の畝の一部に、マルチを掛けずに種を蒔いたものは、ほぼ100%の出芽率だった。
この写真では、どこに芽があるのか全く分からない。
ちょっと近づいてみると、こんな感じで、きれいに芽が出揃っている。
こちらは見事な芽出し状況だ。
コーティングしたベレット種、恐るべしと言った感じ。

もう1か所、太陽熱マルチを剥いだところにも、黒マルチを掛けたあと、ニンジンの種を少し蒔いていた。
ここは、発芽率60%ほどだった。

ということで、ニンジンの芽出し状況は、全体的にはまずまず?
なぜか、マルチを掛けていないところのほうが発芽率が高かった


次に、玉ねぎの芽出し状況を見てみた。
9月8日に早生種『泉州黄』という種類の種をスジ蒔きにした。
こちらは9月8日スジ蒔きにしている時の写真。
以前、種蒔きは一度やったことがあるのだが、その時は芽が出なかった。
こちらも遠くから見ると、芽出し状況がわからないが、近づいて見ると多くの芽が出てきていた
奥に見えているのは、ルッコラの小さな苗だ。
この距離では、出てきた玉ねぎの芽は見えない。
近づいてみると、初めてお目にかかった玉ねぎの芽は新鮮だった。
ここには3本芽が出ている。
一番腰が折れた状態で出たばかりの芽
左がその状態である程度伸びたところ
真ん中が、折れたところが伸び始めているところ。

玉ねぎは、真っすぐ細い芽が伸びてくると思っていたのだが、折れ曲がって出てきて、途中で腰を伸ばすなんて、へ〜といった感じだ。
これで、12月始め頃、畝に移植できる苗になるまで、無事に育ってくれると嬉しいのだが。

2017年9月18日月曜日

今年最後のズッキーニの種取りは黄緑とUFO型。

今日は祝儀があったのだが、おめでたい席が台風一過の心地よい天気で何よりだった。

ところで、この時期の山歩きで怖いのはスズメバチ
この時期はとても気が荒くなっているのだ。
丁度祝儀の席で知人から、昨日台風が過ぎた頃山里で2匹のスズメバチが取っ組み合いの喧嘩をしていたとのことで、その時の動画を見せてもらった。
それはそれは壮絶な戦いだったのだが、動画の中で勝負はついていなかった。
しばらくして、その知人が同じ場所に見に行ってみると、1匹がこんな姿だったらしい。
敵なしのように思えるスズメバチの敵は、スズメバチ?


さて今日は、昨日種取りをしたうす緑ズッキーニに続いて、黄緑ズッキーニUFO
型ズッキーニ種取りだ。
今年は種取りする時のズッキーニの状態から判断して、種取りがうまくいくかどうか予測しているが、これまでは全て予測通り。
今回の種取りでは、黄緑ズッキーニの種はイマイチで、UFO型ズッキーニの方は上等だろうと予測した。

どうやら、これが今年最後のズッキーニの種取りになりそうだ。
オブジェとして置いていたズッキーニ。
今日は手前にある黄緑ズッキーニとUFO型ズッキーニの種取りだ。
黄緑ズッキーニのヘタと所は黒ずんできている。

まずは、黄緑ズッキーニの種取り。
このブログを見られるみなさんには、興味がないと思われるが、種取りをする大きさ的には問題のない写真の黄緑ズッキーニを、種取りがイマイチ、と予測したのには理由がある。
一応説明をさせていただくと、ズッキーニが出来た時期が遅く、大きくなって数週間で収穫した というのが一番の理由だ。
いい種が取れるズッキーニは、大きくなっても全く腐れる感じがなく、実際かなりの期間畑に置いたままにしたのち、収穫する実なのだ。
最盛期または最盛期の終わり頃までに出来た実を残すと、長い間畑に置いていても腐れにくく、立派な種が取れる、というのがこれまでの印象だ。
黄緑ズッキーニは白ズッキーニと同じく、昨年収穫した種がまだたくさん残っていた。
そこで最初は種取り用に実を残す気は全くなかったのだが、ズッキーニの収穫も終わりに近づいた頃、大きくなり過ぎた実を残したのだ。

この実を、輪切りにしてみたが、そこに見える種はまばら
予想通りだ。
種を取り出してみたが、使えそうな種はごく僅か。
それでも、左の5個だけは、なんとか使えそうな状態に見える。
ということで、黄緑ズッキーニの来春の種まきは、去年収穫して残っている種を廃棄せず、今年の5個の種と一緒に蒔くことになりそうだ。

続いてUFO型ズッキーニの種取り。
こちらの方は、うまくいくだろうと予測していた。
この実は最盛期の終わり頃大きくなったものを2ヶ月ほど畑に置きっ放しにして、その後1ヶ月間はオブジェとして室内に置いていたのだ。
未だに腐れる感じは全くない。
こちらは真っ二つに切ってみたが、中にはびっしり種が詰まっていた。
実に対して、種の数がとてつもなく多かった。
取り出した種は数百個あったが、サイズは小さ目。
しかし、種1個1個の状態は厚みがあり上等だ。
数年前、最初に手に入れたUFO型ズッキーニの種も小さかった記憶がある。
数は予想以上に多かったが、状態は予想通りだった。
恐らく、来年使う種として全く問題ないと思われる。

そして、取り出して8時間ほど経った種はこんな感じで乾いていた。
左が黄緑、右がUFO型ズッキーニの種、
大きさ的にはこんなに違う。
使えない種は、乾くとペチャンコになるのだが、これらは大丈夫そうだ。

ということで、まだオブジェとして残していくズッキーニは幾つかあるが、今日が今年最後の種取りとなった。
種の状態を、種取り前にほぼ予測できるようになったのは、今年の大きな進歩で、ちょっと自己満足している。
来年もズッキーニは、収穫はもちろんだが、種蒔きから種取りまで楽しんでやっていこう。

2017年9月17日日曜日

台風18号最接近。南関『いきいき村』で見つけた珍しいカボチャ。

台風18号は、速度が遅いまま鹿児島薩摩半島南端に上陸し、今は四国に上陸し日本を縦断するように進んでいる。
九州全体が雨、特に大分、宮崎両県の被害は甚大だ。
今日は家でゆっくり、台風関連のニュースを見たり、Netflixの映画鑑賞をした。
最近のNetflixは、『Breaking Bad』というドラマにはまっているのだが、シリーズ物でなかなか終わらない。
今日も6時間余り観てしまったので、ちょっと目が疲れた。

さて、南関ICを降りてすぐ側に『いきいき村』という、私が時に立ち寄る店がある。
昨日はその店で、目当ての味噌や豆腐やおから、そしてご当地名物の南関揚げ、さらに卵とライ麦くるみパンを買って帰った。
そこには地元で採れる農産物もたくさん置いてあり、見て回るのが楽しい。
カボチャだけでも、私が育てたことがないタイプがたくさん置いてあった。
私も今年、このバターナッツカボチャ作りに挑戦したが失敗に終わった。
来年はこんなカボチャをたくさん収穫したいものだ。
こんな長いバターナッツは、これまで見たことがなかった。
これもバターナッツと表示されていたが、長さが30cm近いものもあった。
こんなタイプのカボチャも、見た記憶がない。
こんなカボチャ、バターナッツと通常のカボチャのハイブリッドだろうか?
種を取って来年植えたら、おそらく育てれるのだが。
こちらは、ラグビーボールを小さくしたようなカボチャだ。

ズッキーニと違って、カボチャは売っている実からも、種取りができる。
珍しいカボチャは、買って帰って、味を確かめ、そして種取りをしてみたい衝動に駆られた。
しかし、我が家にもまだ収穫後のカボチャがたくさん山積み状態だ。
もちろん、これらを食べ終わる方が優先する。
我が家のカボチャもハイブリッドで、店には売ってない形のものが多い。
来年の種まきも、こんなカボチャから自家採種した種を使うことになる。
来春、昨日見た珍しいカボチャの種を蒔くことはなくなったが、今年5月終わりにゲットした通常のバターナッツカボチャの種は、まだたくさん残している。
来年は、これまでのカボチャ以外では、まずはバターナッツをうまく育ててみよう。

2017年9月16日土曜日

デストロイヤーの芽出し状況。うす緑ズッキーニの種取り。

今年は暑い夏で、デストロイヤーの種芋の植え付けは、例年より遅く、9月に入って行った。
それなのに、もうこんなにしっかり芽を出した場所がある。
とても元気そうに見える、デストロイヤーの芽。
ここは袋栽培用の大きな袋だ。
この袋に植えた種芋は、もし、無事に芽が出て育つようなことがあればびっくり、と思っていたクシャクシャの芋だった。

今年の種芋を準備している時、冷蔵庫の奥に置きっ放しで、1年以上経っていた(恐らく、昨年の6月収穫の芋だろう)芋を見つけた。
下の写真のように、発芽はたくさんしているが、ところどころにカビが見えたし、芋は極端にシワシワで潰れていた。
まさかこんな芋を植えても育つはずがない。
冷蔵庫から出しただけでも、芋も芽も腐れてしまうのではと思っていた。
それでも、こんな芋を植えたらどうなるか見てみたくなった。
そこで、まず下の写真の大きめの袋の中に6個ほど種芋を植えてみたのだ。
それが、予想に反して最初の写真のように、こんな感じで芽を出したのだ。
物は試し、で植えた種芋だったが、これだけ元気に芽が出たら立派な芋を育てたくなった。
ただ、このままだと一株から細い茎が10本近く育って小さな芋しかできないだろう。
で、一株から3本くらいの茎になるように、後日芽掻きをしよう。

そんな、物は試しのクシャクシャの種芋を1個づつ、正規の畝にも植えていた。
こちらは太陽熱マルチをかけた畝から芽を出し始めたデストロイヤー。
やはり、クシャクシャの種芋から出た芽だけが、大きく育っている。
通常の種芋からも、半分くらい芽出しが始まった。
畝の周囲には少し雑草が見えるが、畝には芋の芽以外雑草の姿は見えない。

太陽熱マルチをかけてない畝にも、クシャクシャの種芋を1個植えていたが、やはりそこだけがとても大きく芽が伸びている。
この畝では、通常の種芋からは芽出した芽はまだ見えていない。
しかしよく見ると、出そうになったところが数カ所あった。
太陽熱マルチがなかったこの畝では、やはり小さな雑草が見える。

これらの畝から芽が8割以上出揃った頃に、雑草予防の黒マルチをかける予定だ。
予想通り、太陽熱マルチをかけたところには雑草が少なかったので、もしかしたら黒マルチをかけなくても、問題なく育てれるのかもしれないが。。


さて、種取り用に置いていたズッキーニの種取りが順調に続いている。
緑、白、そして長いズッキーニの種取りがすべて順調に終わった。

そして今日種取りをしたのは、うす緑色のズッキーニ。
ここに置いている2本は、どちらも完全に種取りしてもいい感じに見えた。
この2本が、うす緑色のズッキーニ。
今日は左側の1個から種取りをしてみた。
この、うす緑ズッキーニ、数カ所輪切りにしてみたが、まだ腐れ始めたところなど全くない。
予想通りの状態だ。
種を取り出す前から、種の状態がかなり分かるようになってきた。
やはり、経験というのは大きい。
大きな種がたくさんいい感じで詰まっている。
さっそく取り出した種は、やはり上等。
うす緑ズッキーニも種取り成功だ!
ということで、今年のズッキーニの種取りは、ここまでのところ完璧だ。
このあと残っている、黄緑ズッキーニとUFO型ズッキーニも、明日明後日には種取りをしてみよう。
黄緑ズッキーニはちょっと心配、UFO型ズッキーニの方は上等の種が取れると予想している。
果たして予想通りにいくだろうか?

2017年9月15日金曜日

この時期の秋冬葉っぱ野菜の芽出し状況。昨年虫被害がひどかったホーレンソウとターツァイは今年はうまく育つだろうか?

こちらは、秋バージョンに変わりつつある我が家の畑
今、多くの秋冬葉っぱ野菜が、まさに芽を出し始めたところだ。

さて、こんな畑で、小さな芽を出した苗たちを見てみた。

こちらは、ホウレンソウ
昨年は、コオロギ被害で芽出しもイマイチだった。
今のところ、食べられた形跡はない。
芽出しから心配していたホウレンソウは、順調な滑り出しだ。

こちらは、ターツァイ
こちらも、まずまずの芽出し状況だ。
ただ、虫被害にあっている葉もチラホラある。
虫の姿はわからない。
これ以上被害が広がらないといいのだが。

そして、こちらはミズナ
こちらも極めて順調な芽出し状況。
これら3種類の苗は、2週間ほど前に種を蒔いて、そのあと防虫ネットを掛けている。


一方、もう少し早く種をまいていたリーフチコリーや、ルッコラも順調な芽出しを見せている。
リーフチコリーは害虫にやられにくいので、防虫ネットは掛けていない。
ルッコラはプランターに種蒔きしていたが、苗らしくなってきたので、昨日畝に移植した。
こちらは、防虫ネットもマルチもないところで育てている。

というようなことで、嬉しいことに、この時期の葉野菜の芽出し状況は順調だ。
この後も、時間差で少しづつ、これらの葉っぱ野菜の種を蒔いていこうと思っている。
今ある小さな苗たちは、これからうまく育ってくれるかを注意しながら見ていこう。
台風18号の被害も気になるところだが、やはりこれから一番心配なのは虫被害だ。
そして、順調にいけば、10月の終わり頃からこれら美味しい葉野菜の収穫が始まるはずだ。
いや〜楽しみだ。

2017年9月14日木曜日

白菜の種蒔き第1陣はコオロギ被害で失敗。第2陣は太陽熱マルチと防虫ネット、さらにコンパニオンプランツ(シュンギク)で害虫予防をしよう。

台風18号が心配だ。
バラもせっかく綺麗に咲き始めたのだが。
野菜の方も、どうやら夏の疲れが取れたようで、いい感じの野菜がたくさん収穫できるようになってきたのだが。。
今日も、ナスとピーマンの収穫量はすごかった。
とにかく、台風被害が少しでも少ないことを祈っておこう。


さて、この時期の虫被害は、期待して種を蒔いた後、出たばかりの小さな苗にも現れる。
そして、最も被害にあいやすい野菜の一つが、白菜だ。

そんな白菜を今年は種から育てている
8月末にポットに種を蒔き、周りに虫除けネットを張っていた。
このネットで虫除け大丈夫と思っていたのだが、甘かった。
まずは、1週前にチェックした時、出てきた芽が何者かに食べられているのに気づいた。
その時防虫ネットの中を調べると、コオロギが入り込んでいたので、捕殺した。
1週間ほど前は、使えそうな苗は出てきた時の1/5くらいに減っていた。
写真で分かりにくいが真ん中あたりに大きなコオロギがいた。
僅かな隙間から入ってきたコオロギ、美味しい白菜の小さな芽が食べ放題で、さぞかし満足したことだろう。
見つけたコオロギは捕殺したが、我が家の菜園には大きなものから小さなものまで、この時期コオロギがいっぱいだ。
残念ながら、この後もコオロギ被害は続き、ポット苗の移植は諦めた。


で、今回は第2陣として、白菜の種を直接畝に蒔いてみることにした。
蒔いた場所は、太陽熱マルチを掛けていたところだ。
この太陽熱マルチを剥いで、穴あき黒マルチを敷いた。
その穴に直接白菜の種をまいていった。

私にとって、白菜の栽培は、とても難しい
数年前までは、買った苗で育てた白菜でも、コオロギやヨトウムシなどの害虫の被害で、私が食べれるものがほとんどなかった。
2年前からは、防虫ネットをしっかりかけることによって、収穫量としては不十分だったが、植えた苗の1/3くらいは収穫にありついた。
また、数本だったがトウ立ちした白菜も食べてみたのだが、これも忘れられない味だった。

そこで今年は、少しでも多くの収穫を得ようと、種から苗を育てて、太陽熱マルチと、防虫ネット、さらにコンパニオンプランツの力でコオロギやヨトウムシを予防し、収穫にありつきたいと考えている。
まずは種を蒔いて、いつものように防虫ネットを掛けた。
他の葉っぱ野菜や、ブロッコリーは、こんな形で防虫ネットをかけたらそれで終わりなのだが、白菜を最初に食べに来る相手は、ちょっとの隙間でも入ってくる難敵、コオロギだ。
小さな隙間でも入ってくるコオロギ対策としてはいつもの掛け方では不十分。
防虫ネットの裾部分にも、土を掛けておいた
このあと、苗が育ってきたら、コンパニオンプランツとして空いたところにシュンギクの種を蒔こうと思っている。
シュンギクはヨトウムシの予防になるらしい。

上手く育てる自信は全くないのだが、今年の白菜はこんな形で防虫対策をしながら見ていくことになりそうだ。
鍋の時期に、美味しい白菜が食べれ、2月頃にはトウ立ちした花芽部分を十二分に楽しめることを夢見ておこう。

2017年9月13日水曜日

長〜いズッキーニの種取りに成功!連休を前にして台風18号が怖い。

今年初めて育てた長〜いズッキーニ
来年もどうしても育てたい野菜なのだが、今春の発芽率が悪かったので、全ての種を使い切り、手元には全く種が残っていなかった。
だから、是が非でも今残している実から、来年使える種を取りたかった。

そして、嬉しいことに今日間違いなく、その種取りに成功した。
こちらが、今日種取りをした完璧な状態の種たち。
見ているだけでも、惚れ惚れしてくる。

昨日は畑に残っていた3個の長いズッキーニのうち1個で種取りに挑戦してみた。
しかし、結果は見事に失敗
まだ、種が若すぎたのだ。

そこで今日は、オブジェとして置いていた最も保存期間が長い1個から、再度種取りに挑戦してみた。
この実は、6月に収穫できる大きさになっていたものを、しばらく畑に置きっ放しにして、8月の終わりに収穫
そのまま室内でオブジェとして飾っていたが、最近ヘタの付近が少し茶変してきていた。
ヘタの近くが茶色く変色を始めたので、今日種を収穫することにした。

皮が非常に硬いので、今回も昨日と同じように大きな剪定ばさみで輪切りにしてみた。
その断面から見えてきたのは、茶色く成熟した種と、内容が詰まった種の割面
実そのものは腐れずに、種は見事に茶色く変色。
これを見た瞬間に、種取り成功を確信した。

真ん中あたりを切ったので、種取りするのにちょっと道具がいる。
使ったのは、長〜い靴ベラ
直線部分からは、きれいに種取りができた。
屈曲の強い部分から奥はやはり取れなかった。
取れた内容はこんな感じ。
ヒョウタンの種取りをした時ととても似た内容だが、ここまで取り出すのはヒョウタンの時と違って極めて容易。
出てきたのは柔らかい果肉ものすごい数の種だ。
種は完熟したものが多かったが、まだ白いものもあった。
白っぽい種でも、大きさや硬さからは、種として使っても問題なさそうだった。
また、よく見ると芽が出てきている種も幾つかあったので、耐え取りはこれ以上遅れないで良かったと思われる
恐らく、種取りにはベストのタイミングだったのだろう。
まだ白っぽい種もあるが、芽が出てきた種もあった。

そして、種だけを取り出し水に浮かべてみると、白っぽい種や薄茶色の種は浮いてきた。
浮いた種が全て使えないとは限らないのだろうが、沈んだ種の方がいい感じだった。
そこで、こんな感じで、沈んでいるものだけを来年の種用に収穫することにした。
こんな種を取り出したのが、一番最初の写真だ。

とうことで、長〜いズッキーニの種取りは成功だ!!

ところで、ヒョウタンの場合ヘタの部分の小さな穴から種取りのあと、オブジェとして残すのは容易だ。
ただ長〜いズッキーニの場合は、今日のような種出しは簡単でも、ヒョウタンと同じようにヘタの部分に小さな穴を開けても、その奥が長い。
きっと、この方法での種出しは難渋しそうに思われる。

それでも、今日種取りに成功したので、今畑に残しているものや、オブジェとして残している実の、これからの使い道は乾かしてのオブジェのみ。
まずは試しに、今日種取りが終わった長いズッキーニの半切の実の中に水を入れて、内容を腐らせて最終的に乾かしてみよう。
腐れた内容物が、水を捨てる時に一緒に出てくる。
この操作を何回か繰り返すと、ヒョウタンの場合は外側の皮まで一旦茶色く変色する。
そのあと、乾かすと、ヒョウタンの種取りのあとと同じ感じで、硬い皮が残せるのでは、と推測している。
この方法がうまくいけば、今畑や室内に置いている3個の長〜いズッキーニのうち、一番形の良いもの1個を、オブジジェとしてそのままの形で残す試みに挑戦してみようと思っている。


さて、台風18号の動向がにわかに怖くなってきた。
数日前の予報と変わって、この週末に九州上陸、そして日本列島縦断の可能性が出てきている。

やっと、元気を取り戻したナスやピーマンや、収穫が始まったばかりの四角豆。
さらに、数少なく育っているが今のところは比較的元気に見えるツクネ芋など、大きな被害が出るのが心配だ。

明日のうちに、出来る対策はしておこう。