2017年10月17日火曜日

今年秋の葉っぱ野菜の主力、ターツァイとサニーレタスの小さな苗を畝に移植。葉大根を収穫開始。

今年の葉っぱ野菜で最も力を入れているのはターツァイ
というのは、肉とよく合う野菜で、昨年とても人気が良かったのだが、十分量の収穫ができず悔しい思いをしたのだ。

そこで今年は時間差で次々少しづつ育て、先日から第1陣の収穫が始まっている。
こちらは防虫ネットの中で育てているターツァイ。
若干虫に食べられていても、この程度は許容範囲。
ターツァイは、1回の食事で4束くらい使い切るので、第1陣はあと1週間もたないかもしれない。
第1陣のターツァイの収穫が終わった頃、続けて収穫できると思って育てている第2陣は、防虫ネットをかけてないためか虫被害が大きい。
無事収穫できるか、ちょっと怪しい感じのターツァイ第2陣。
第2陣がダメなら、第3人以降の頑張りに期待しよう。

一方、ターツァイと並んで、サニーレタスも今年の秋冬葉っぱ野菜の主力だ。
この時期生で食べれるので重宝する。
こちらも、9月初めに種を蒔いた先発隊が、あと1週間くらいで収穫できそう。
しかし、先発隊のサニーレタスは芽出しの時期に虫被害にあって、この時期3本しか苗が残っていない。

そのあとに蒔いた種の方は、収穫までまだ3週間ほどかかりそうだ。
これだけ雨に降られると、サニーレタスは少し心配。

ということで、今年の葉っぱ野菜の主力、ターツァイとサニーレタスは、その後もしっかり育って欲しいので、プランターに蒔いた種から出た小さな芽を、少しづつ畝に移植している。

そして今日はこちらの畝に、サニーレタスの苗を半分、ターツァイの苗を半分移植した。
畝を準備して、穴あきマルチを張って、そして小さな苗を植えていった。
ここが12月頃収穫するサニーレタスとターツァイのメイン会場だ。
小さな苗を植え終わった畝はこんな感じ。
ただし、毎年使い回しの防虫ネットには穴が空いていた。
この時期モンシロチョウも減っているのでこのままでもOK?
丁度良いサイズのネットがあったので、修復用に重ねておいた。

さらに、苗が余っていたので、もう1箇所小さな畝を作った。
こちらにも小さなターツァイとサニーレタスの苗を半分づつ植えた。
それにしても、移植したのは小さな苗なので、果たして定着するか?
この畝には、近いうちに不織布のネット(パオパオ)を掛ける予定。

この時期の小さな葉っぱ野菜の苗には、防虫ネットがいいのか不織布をかけたほうがいいのか迷うところだ。
まだまだ、時間差で葉っぱ野菜は植えていきたい。
恐らく、これからは、保温の効いたパオパオトンネルの中に小さな野菜の苗を移植していくことになりそうだ。

そして、まだ主力の葉っぱ野菜が不足気味の時に頑張ってもらおうと思っているのが、葉大根
今年初めて育ててみた葉大根。
確かに、通常の大根の葉より食べやすそうな印象だ。
こちらが、今日収穫して帰った葉大根。
通常の大根の葉っぱより、明らかに葉が柔らかく美味しそうだ。
この葉大根、明日の弁当に使われているに違いない。

2017年10月16日月曜日

長いズッキーニ,はたしてこのままオブジェになるだろうか?

「このズッキーニ臭くなるとと嫌だから、そろそろ片付けてくれない?」
とは家人の言。
こちらは、たくさん収穫し、楽しませてもらった長いズッキーニで、最後の1個
私が、オブジェとして毎日眺めているのだ。
家人は、この長いズッキーニが腐り始めた時の、臭い匂いを知っているのだ。
確かに今年オブジェとして置いていた長いズッキーニは全て腐れた。
確かに、この長いズッキーニも、一部変色が始まっている。
ヘタの部分から少しづつ茶変始めている。
しかし、まだ腐った臭いはしないし、柔らかくなった部分もない。

さて、今年初めて育てた長いズッキーニ
最初芽出しが悪く、種袋の種を使い切ってしまったのだが、最終的に育った苗は3本のみだった。

しかし、その3本で、6月の初収穫のあともかなり長い間収穫を楽しめた。
この長いズッキーニ、冬瓜によく似た食感で、幾つかは我が家で消費した。
形が面白いので、多くの方にプレゼントした。
振り回したり、首にかけたり、その反応もいろいろで楽しかった。

腐れ始めるまではオブジェとして幾つかを室内に置いていたのだが、腐れ始めたものは、やはりミミズの餌になった。
6月はオブジェだったこのズッキーニも、最終的には腐れて、ミミズ君の餌になった。

種取りもうまくいった
育てている途中、本当はズッキーニの仲間ではなくて、ヒョウタンの仲間なのが判明したのだが、やはり他の方に合わせて、私は今でも長いズッキーニと呼んでいる
これが、収穫できた長いズッキーニの種。
とてもたくさん収穫できた。
見た目、ヒョウタンの種そのものだ。
有り余るほどの上等の種が取れたので、この先2年間は長いズッキーニの苗を育てるのに全く心配がなさそうだ。

一方、これまで収穫したズッキーニの一部や、オブジェとして置いていて腐れ始めたものは、端を切って、ヒョウタンのように種取りと乾燥を図ったものももあった。
長いズッキーニの形のままオブジェにしてみたかったのだが、今の所うまくいっていない。
右のズッキーニは、長かったのだが途中が腐れて、長い形のままの保存は無理だった。
左のズッキーニはもともと短かめ。今の所腐れたり割れたりはしていないが、なんとなく怪しい。
もし無事残ったとしても、オブジェに向かない形だ。
種取りに成功したズッキーニは、さすがに条件が良かったのだろう。
真ん中をかち割って、靴べらで種取りと内容物を全て掻き出した。
あとは、ヒョウタンと同じように乾してみた。
こちらは、ヒョウタンと同じように乾かすことができた。
乾燥はうまくいっても、この形では長いズッキーニの魅力が伝わらない。
オブジェには不向きなのだ。

ところで、先日幾つかのyou tubeで、この長いズッキーニのことを見ていたら、アメリカの方だったのだが、乾いたこの長いズッキーニを自慢そうに振り回していた。
中で種が乾いて、振り回すたびにカラカラ音がして、さしずめ楽器のようで楽しそうだった。

オブジェとしてもカッコよく、振り回しても面白い。
今残している最後の1個が、なんとか腐れずに、そんな感じで残ってくれる嬉しいのだが。。

2017年10月15日日曜日

雨の日曜日。ディルの苗を移植。

特に予定を入れていなかった日曜日。
一日中雨の天気予報で、朝起きてもまだやることが決まっていなかった。
こんな日はやはり畑に行くのが楽しい。

登山用のレインウェアをしっかり着込んで、あとの洗濯は家人に任せるとして、暑くもなく寒くもないこの時期の畑で泥まみれになって遊ぶのだ。

雨で、寂しそうに咲いていた畑の側の満開の秋明菊も喜んでくれている?

畑では9月の初めに種芋を植えたデストロイヤーが、もう花をつけ始めていた。
早いものだ。
花が咲き始めたので、1ヶ月後には収穫もできるかも?

ところで、昨日モズのために、鍋の中に入れていたミズアブの幼虫は、日が悪かったみたい。
雨とともに、水アブの幼虫も鍋から溢れ出ていた。
次は雨の降らない日に準備しよう。


さて、今日やった仕事の中の一つは、ディルの移植

数年前から育て始めたディルは、葉を料理に使うのだが、花がきれいで香りもいい
こちらは昨年5月末に咲いていたディルの花。
繊細で、大好きな花だ。
今年も6月に種取りをして、下の写真の大きな袋の中に8月末に種をまいていた。
これは、今年8月の終わり種をまいた時の写真。
6月に試しに蒔いた種からもまずまずの苗が育ち、少し収穫できていた。

6月に蒔いた種からも苗が育っていたので、8月末に種まきをしたものを含め立派に育つと楽観していた。
ところが、芽は出ていたのだが、間引きするよりも早く枯れ、6月に蒔いた種から出ていた苗も、なぜか枯れてしまった

ディルは何が何でも、収穫や花を楽しみたい。
運良く、余った種を少し第2菜園に蒔いていたのだが、そちらの方から芽が出ていた。
そこで、その苗を間引きして移植することにした。
一つの穴から、4〜6本の苗が出ていた。
あまり多くの苗を同じ植え穴で育てると元気が出ないだろう。
そこで、2本ほどをその場に残して、他を間引き移植した。
間引きと言っても、引き抜くのではなく、小さなスコップで土がついた状態で掘り起こした。
移植場所としては、種まき後うまく育っているところは条件がいいと考え、同じ畝に移植した。
移植した苗が、皆無事に育ったら最高だ。
ここは、今年Cardoというイタリア野菜の種を数回蒔いた畝。
残念ながら Cardoは1本も芽を出さなかった。
そんな場所約10カ所に、ディルの小さな苗を移植した。
芽が枯れた大きな袋にも数本の芽を移植した。
ディルやフェンネルは移植には向かないと聞いた。
特に、先日苗が枯れたこの袋の中は、環境が今ひとつになっている可能性がある。
1本でも、ここで育ってくれると嬉しいのだが。。

ここ数日天気が良くないみたいなので、逆に苗の移植にはいいのかもしれない。
移植苗が少しでも多く根付くことを期待しておこう。

2017年10月14日土曜日

この時期のミミズ小屋にはミズアブの幼虫が多い。ミズアブを鍋に入れてモズが食べに来るのを待とう。

この時期からは、野鳥の姿が増えてくる。
こちらは、今年2月頃の写真。
餌場によく遊びに来てくれたモズ
鍋に入れたミズアブを食べている。

獰猛でも、見た目が可愛い『モズ』は、昨年の冬は、餌場を作ってカエルやミズアブの幼虫、ミミズなどを入れておくと、よく遊びに来ていた。
昨年はこの農作業小屋の側に餌場を作った。
すると、近くの電線に止まっているモズが、小屋の屋根に飛び移る。
餌場の中の動物をしっかり確認すると、餌場に降りてくるのだ。

ところで、我が家のミミズ小屋では秋になり環境が良くなってシマミミズ君たちは元気にしている。
でも、私にとって堆肥を作ってくれる大事なシマミミズ君たちをモズの餌にするわけにはいかない。
餌を与えた大部分の場所ではシマミミズ君が集まっている。
そんなミミズ小屋に、この時期ミズアブの幼虫がかなり増えている場所がある。
ウェットな場所にミズアブの幼虫が集まっているように見えるのだが、ミズアブの幼虫が集まってよりウェットな環境になったのかも?
ここはミズアブの幼虫が集団発生している腐りかけのカボチャ
餌として与える前にミズアブが卵を産み付けていたのかもしれない。
ここはミミズ君にとっていい環境ではないみたいで、ミズアブの幼虫しか見えない。

野鳥の中で、こんなミズアブの幼虫を餌として一番喜ぶのは、『ツグミ』だ。
こちらは、昨年3月の写真。
餌場によく遊びに来て太っていたツグミ。
しかし、我が家の畑近辺ではまだその姿を見ない

最近、ムクドリが電線に集団でやってくることがある。
街中の街路樹でもうるさくて嫌われ者だが、畑の側に遊びに来られても嬉しくない。

こんな電線に、最近モズの姿を時に見かけることがある。
まだ畑には降りてこないのだが、そのうち畑のカエルやミミズを見つけて、しょっちゅう遊びに来るようになるはずだ。

ミズアブの幼虫では、カエルやミミズほど喜ぶわけではないが、それでもモズの立派な餌になる。

ミミズ小屋のミズアブの幼虫を減らすのと、モズが遊びに来るようになるのと、一石二鳥なので、しばらくはミズアブの幼虫を容器に入れて、モズが食べに来るのを待つことにしよう
餌の容器は使わなくなった鍋だ。

モズが鍋に入っている餌を食べる時は、最初の写真のように一旦鍋の縁に立ち止まり、私が近くで見ている時もこちらを意識しながら食べる。
これが、見ていてとても可愛いのだ。

今年もこれから春先までの菜園では、モズツグミヒヨドリそしてメジロと、遊びに来てくれる鳥たちと楽しい時間を過ごそうと思っている。

2017年10月13日金曜日

今年の渋柿はこれまでで最高。さっそく干し柿を作るために吊るし柿にした。富有柿はまずまずの出来だが虫被害が多い。

10月も中旬に入った。
こちらは、今年の渋柿収穫第1陣による吊るし柿
だが、いつものマンションのバルコニーが使えない。
天気のいい日は屋外に干そうと思っているが、雨よけがないので今日は室内に干した。

この時期から、我が家の果樹園では柿ちぎりが始まる。
こちらは富有柿。
成っている実の数は昨年より多めだが、きれいな柿が少ない。
まだ収穫できる柿は少ないのだが、ある程度色づいたものから収穫していかないと、柿が熟れすぎて自然に落ちたり、カラスの餌食になるものもたくさん出る。
ここ1週間ほど天気予報がよくないので、今日は雨が上がった昼休みに、柿をちぎりに行った。

富有柿の方は、先日、早く熟れたものをいくつか持って帰った。
今日が2回目の収穫だ。
今年の富有柿は虫被害が多いのが気になる。
今日収穫した富有柿は汚れていて、とてもお裾分けできそうになかった。
それでも3個は、私が責任を持って食べ、あとは、優しい知人数人がもらってくれた。

一方、渋柿が成っている木は、まだ若い木で、2年前から収穫が始まった。
昨年は14個の干し柿を作ることができたが、今年はさらに多くを作れそうだ。
渋柿は、富有柿と比べ虫被害少ない
しかし、熟れたものは美味しいのだろう、カラスが食べている。
また、熟れた実は吊るし柿にするのには向かない。
それでも、今年はかなりの数を吊るし柿に出来そうだ。
今日は、まだ一部の収穫なのだが、昨年の全収穫よりはるかに多かった。
今日これらの柿を使って吊るし柿を作ったのが、最初の写真。
今年は、最終的のこの3倍くらいの渋柿が収穫できるのではないだろうか?

ところで、我が家のマンションではこの時期大規模改修工事があっていて、昼間窓も開けれないし、バルコニーを使うこともできない。
そこで、今年の吊るし柿は、天気の良い時は仕事場の屋外に干し、また天気の悪い時や夜間屋内で干す形になりそうだ。
こんな条件でも、美味しい干し柿が出来るといいのだが。。。

2017年10月12日木曜日

花火大会の打ち上げ花火のように、収穫できた冬瓜。最後は大きなやつが4発。重さ記録は5.4kgだった。

我が家の菜園の前の田んぼでは、稲刈りが進んでいる。
稲穂がなくなると、田んぼはちょっと寂しい風景になる。
しかし、今度は鳥たちが目立つ季節になるわけだ。

ドン、ドン、ドーンと大きな打ち上げ花火が最後に上がって、少し寂しい余韻を残して終わる花火大会。
そんな感じで、今日はこの夏、長い間楽しませてくれた冬瓜の最終収穫だ。
本当はここにある蔓葉や雑草を一緒に片付けたかった。
しかし、昼休みには細かい雨が降り出し、後日の仕事に回した。
収穫して帰った冬瓜は4個、皆大きい
今年収穫した冬瓜で、これまでの最大のものは重さ4kgだった。
今回この記録を破るのは間違いなさそうだ。

まず小さめのものから重さのチェック。
これでも3.9kgある。
続いて、同じくらいのものを体重計に乗せてみた。
惜しい!3.95kg。もうちょっとでタイ記録だった。
そして、少し大きなものを計ってみた。
4.6kg。あっさり記録更新だ。
ならば、見た目一番重そうなものはどうだろう?
凄い!5.4kgだ。
ということで、冬瓜の今年の重さ記録は5.4kgだ。

今年の冬瓜は我が家で消費する分より、お裾分けの方がはるかに多かった。
来年は今年より収穫量は少なくて良いが、無いと寂しいので数本の苗は育てることにしよう。


さて、大きさを楽しむ冬瓜が打ち上げ花火なら、イタリアンピーマン四角豆は、さながら数を楽しむ手持ち花火といったところだろうか?
次から次に長い間収穫が続いているイタリアンピーマン。
今日が最高収穫量だった。
9月に入って収穫が始まった四角豆も、今日が最大収穫量だった。

夏野菜の一つ冬瓜は終わったが、最近収穫が活発になってきた秋野菜に混じって、まだまだ幾つかの夏野菜は楽しめそうだ。

2017年10月11日水曜日

玉ねぎの芽出しは、それなりに順調? 秋の野菜は虫との戦い。ルッコラの第1陣はアオムシ被害で厳しい状態。

秋のこの時期、葉っぱ野菜やブロッコリーが次々に収穫できるようになってきた。
ただ、秋の葉野菜は、虫との戦い
この時期の葉っぱ野菜に寄ってくる虫は、ヨトウムシとアオムシが多い
こんな害虫除けのためには、防虫ネットをかけることが多い。

しかし防虫ネットの中でも害虫が活躍することもある。
9月初めに種を蒔いたブロッコリーは、結構被害に遭っていた。
真ん中の葉に小さく見えるのがヨトウムシ
こんな虫は見つけ次第、潰していく。
一方、6月頃に種を蒔いたブロッコリーは、今の時期収穫できるようになっている。
こちらのブロッコリーは虫被害はほとんどない。
防虫ネットも、場所や時期で効果が違うようだ。

こちらは、防虫ネットの中で守られて育ったミズナ。
この防虫ネットは効果があったみたい。
中の野菜が皆順調だ。
右のほうに小さく見えているターツァイも虫被害がほとんどない。
こちらは、同じ防虫ネットに種まきをしたターツァイのこぼれ種から育った2本の苗だが、ネットの中か外かで虫被害が全く違う。
この2株は両方ともこぼれ種から育ったターツァイ。
右の苗は収穫可能状態、左のネットの外の苗は被害甚大。

やはり、こうしてみると葉っぱ野菜に基本的に防虫ネットは必要なようだ。

ただ、こんな葉っぱ野菜の中で、防虫ネットをかけなくてもほとんど虫被害に遭わないのがリーフチコリー
9月初めに蒔いた種からも収穫できる状態になっている。
訪中ネットなしでも全く虫が付いていない。
苦味が虫予防になっているのだ。

一方、下の写真の真ん中あたりに見えているのがルッコラ
こちらも、独特の香りで虫を寄せ付けないかと思っていた。
この畝にも、防虫ネットは掛けていない。
奥から、リーフチコリー、ターツァイ、ルッコラの葉野菜が植えてある。
そして、一番手前には玉ねぎの種からたくさんの芽が出ている。
遠目から見て、収穫にちょうどいい大きさになっていると思って近づいてみたルッコラ。近づいてみると、この有様。
こちらは、アオムシ被害が甚大だ。
家人は、この状態の葉は料理したくないとのこと。
ン〜!
ここのルッコラ、今は虫にやられてはいるが、今後見回り隊が活躍すれば、そのあとは十分食べれると信じている。


さて、初めて種から育てている玉ねぎ
先ほどの写真にもあったように、芽が出揃ってきた。
近づいてみるとこんな感じだ。
今は茎の太さが2mmくらい。
これが7〜8mmになったら移植のタイミングみたいだ。

9月10日頃に蒔いた種から、芽は出て小さな苗に育っているのだが、周りには後から小さな雑草がいっぱい出ていた。
初めての苗作りなので、ちょっと面倒だが気合を入れて雑草抜きはしている。
雑草が生えないようにするには、芽が出てすぐ周りに籾殻をたくさん撒けばよかったみたいなので、来年からはそうしよう。
今のところ、玉ねぎの小さな苗は順調に育っているように見える

この玉ねぎの苗、種蒔きから60日ほどで移植できる状態になるらしい。
苗の移植は11月10日前後になるのだろうか?
移植できるまで、うまく苗が育つか、期待と不安があるが、時々成長の様子を見ていこう。