2018年1月17日水曜日

温室内のポットから1週間も経たないのに芽が出てきた。で、温室内種蒔き第2弾。

今日はあいにくの小雨が続き、畑仕事は出来ず。
それでも、葉野菜の収穫くらいはできる。
手前はリーフチコリー『プンタレッラ』は相変わらず元気いっぱいだ。
見るからに美味しそうだ。
奥は、まだ小さいがビニールトンネルの中で育ったサニーレタスやチンゲンサイ。

鍬仕事ができないこんな日は、温室の中を覗いてみた。
すると、種を蒔いてまだ1週間も経っていないのに、温熱装置の上のポットからいくつか芽が出ていた
特に初めて育てる野菜は、どんな芽が出てくるかも興味津々だ。
こちらはスイスチャードの仲間。
ホウレンソウの双葉よりかなり幅広だ。
通常のスイスチャードや、Beetrootの葉より若干幅広の双葉だ。
こちらは菜の花を食べる野菜。
双葉を見る限り、アブラナ科特有の形をしている。

また、先日ロメインレタスをパオパオトンネルの中に移植したので、温室にはスペースができていた。
そこにはこんな感じの、今日種蒔きしたポットを置いた
今年の、温室内種蒔き第2弾だ。
温室の中と言っても、温熱装置の外側(気温12〜14℃)に置いた。
種蒔きしたのは、下の写真のような野菜。
ほとんどが、通常2〜3月か9月の種蒔きが勧められている野菜たちだ。
自家採種したスペインキャベツの種もある。
そんな中には、去年ルッコラと間違えて育てたワイルドルッコラもあった。
種袋にはルッコラ(セルバチカ)としか書いていなかったので、間違ったのも納得だ。
このワイルドルッコラ、写真のように通常のルッコラより葉が細く、多年草。
種の大きさは通常のルッコラの半分以下で、芽がきちんと出るかちょっと心配だ。

通常3月頃に種を蒔く野菜も、温室の中なら順調に芽出しすることが期待できる。
今日蒔いた種のどれくらいが使える苗に育つかわからないが、うまく芽出しができないものは2月に再度種の蒔き直しをする予定だ。

2018年1月16日火曜日

アスパラの株元の消毒と肥料の施し。今年の消毒は簡易バーナーで。

今日は、昼頃まではいい天気で気温も上がったのだが、風は強かった。
穴だらけになってきたエンドウ豆の防寒防風の不織布が痛々しい。
11月の終わりに設置した不織布によるカバー。
100円ショップの不織布が弱いことも一因だろうが、風の強い日はかわいそう。
あと1ヶ月持ちこたえてくれたら御の字なのだが。

さて、私の大好きな野菜の一つアスパラ
ただ、昨年のアスパラは今ひとつの出来で満足な収穫量がなかった。
それでも、この時期に出来る管理はやっておこう。
冬の時期のアスパラの管理は、熱消毒と肥料の施しだ。

アスパラはウィルス病に弱いので、昨年までは株元に小さな竹などを焼いて、この時期に熱消毒をしていた。
今年は、苗の数だけは増えていたので、小さな焚き火を全ての苗元に行うのは不可能。
熱消毒には、下の写真のような簡易バーナーを使うことにした。
消毒したい苗が多くなった今年は、このバーナーが役立った。
こちらが第1菜園の、収穫を目的にしている苗を植えている畝だ。
枯れた茎は全て取り去っていたのだが、小さな株元が見えているものがほとんど。
去年移植した苗は今ひとつ元気が出なかったが、今年の成長に期待だ。
そんな株元をバーナーで焼くと、こんな感じ。

こちらは第2菜園
ここでは、短い3列の畝に、種を蒔いて1〜3年目の育成中の苗を植えている。
1年目の苗などは株元が見えず、苗が生きているのかどうかも分からない。
こちらの畝でも、3年目の苗には今年は収穫できそうな感じの株元もあった。
このくらいの株元になっている苗は今年は収穫できそうだ。
こちらの畝の上には、マルチを掛けていなかったので、小さな雑草がいっぱい。
このバーナーの説明書には、雑草も焼けるように書いてあった。
で、試してみた。
完全に焼かなくても苗は枯れるのかもしれない。
それでもある程度焼くだけでも、多くの時間がかかった。
どうやら、鍬で除草した方が、はるかに早くて確実なようだ。
ということで、このバーナーはこれから数年間はアスパラの株元の消毒専用になるかもしれない。

そして、今日はこの時期のもう一つのアスパラの世話として、肥料も施しておいた。
第1菜園には、この写真のようなミミズ堆肥と牛糞堆肥のミックス。
第2菜園には牛糞堆肥と鶏糞堆肥のミックスを施した。

あとは、3月に多くのアスパラが顔を出してくれることを期待して待とう。

2018年1月15日月曜日

メジロ君の家の設置第1弾。まず近くに現れたのはモズ君。アーモンドの木の剪定。

こちらは、剪定したイチジクの木の上から、菜園を眺めているモズ
最近私が与えている餌を時々食べにくるためか、太ってきた?
今日はメジロ君遊び場に昨日作った晩白柚の家を設置したのだが、梅の花がまだ咲かないこの時期にはメジロ君は里に降りてこない。
窓の中にはメジロ君が好きなミカンを入れている。
今年のメジロ君の家は、シンプルにバルコニーなしだ。
ちなみに去年は、バルコニー付きの家を用意したら、メジロ君より強いヒヨドリにその家を占有されてしまった。
こちらは去年用意した家
メジロ君が遊びに来ない時期は寂しいので、しばらくはモズに遊びに来てもらおうと、その真竹で出来た遊び場の餌場に、ミミズやミズアブを入れていた。

その餌が気になったのか、先ほどのモズメジロ君の遊び場の竹の上に飛び乗った。
なにやら、下の餌場を眺めているように見える。
次に下の方に移動して、やはり上の餌場が気になっているみたい。
竹の餌場の方を下から眺めているモズ。
しかしこの後、餌場に飛び乗ることなく立ち去った。
新しい餌場の餌を食べて欲しかったので、いつも餌を与えている鍋をこの遊び場の下に置いてみた
慣れたもので、モズ君はすぐここに飛んできた。
しかし、鍋に餌が入っていないのを確かめると、不満そうな顔をして立ち去った。
あると思った餌がなくて、不満そうなモズ君。
ま、今日は竹の餌場には結局来なかったが、そのうち新しい餌場を見つけて食べにくるに違いない。
こちらは、仕事場の中から見えるメジロ君の家と竹の餌場。
メジロ君が現れるまでは、仕事をしながらすぐ近くでモズ君を見れると嬉しい。


さて、冬のこの時期は、時間があるときに果樹やバラの木などを剪定する予定だ。
今日はアーモンドの木を剪定した。
こちらは2年前枯れかけて、今は復活しかけているアーモンドの木。
昨年よりはかなり元気になった。
アーモンド桃の仲間で、とてもきれいな花が咲くのだが、3年前にいっぱい花が咲いて若干収穫できたのだが、その後木が弱って、ここ2年間は収穫できなかった。

この時期の木の状態を眺めてみると、昨年よりは木に元気が出てきたようだ。
よく見ると小さな花芽も見え始めている。
それでも、剪定すべき枝はごくわずか。
地面近くから枝分かれした枝などを中心に、元気のない枝を剪定した。
幹の下1/4のところから出ている枝は基本的に切り落とした。
今年は、久しぶりに下の写真のような花を楽しみたいものだ。
こちらは、3年前のアーモンドの花。

2018年1月14日日曜日

晩白柚、最大のものを収穫、重さは2kg、直径は20cm。さっそくこれを使ってメジロ君の家作り。

昨日真竹でメジロ君の遊び場所を作ったので、そこにぶら下げる晩白柚をチェックに行った。
去年は1月の下旬に大きなものを中心に盗まれて悲しい思いをした晩白柚。
今年は、先月末からその実の表面にマジックで番号を書くという手を打った。
全体的にはまだ熟れていないものが多いのだが、一番大きなものは十分収穫しても良さそうな大きさと色になっていた。
見るからに大きな晩白柚。
去年はこんな感じに大きく育っていた晩白柚を盗まれた。
家人曰く、
「こんな数字を見たら気持ちが悪くて誰も持っていかなわよ。」

で、その大きな1個と、メジロ君の家の屋根部分になりそうな少し小さな1個を持ち帰った。
スス病の影響で汚れているが、食べるのには問題ない。
さっそく重さを測ってみた。
2Kgもある!
汚れは、スス病によるものだがこのくらいなら全く問題ない。
マジック部分とスス病の汚れをある程度落として、大きさを測ってみた。
20cm丁度だ。
ここ数年、盗まれた晩白柚がこれくらいの大きさだったと思う。
とにかく、私がこれまで収穫した中で最大のサイズだ。嬉しい!!
まだ、メジロ君が遊びに来るのには早すぎるので、メジロ君の家を作るのはもう少し時間を置いてからの方が良いのかもしれない。
しかし、眺めていると我慢ができなくなった。
右の大きい晩白柚でメジロ君の家の本体、左からは屋根部分を取り出す。

まず、本体の切り抜き作業だ。
3か所の窓と天井部分の皮を切り抜いて、天井部分から身を出していく。
苦労して、大きい方の実を抜き取り終わって、小さい方の晩白柚から屋根部分を外したのがこの写真。
大きな実を取り出す時には、無理したので実の方に数カ所傷が入った。

このメジロ君の家は、今日のところは、部屋のパキラの枝に吊るして楽しんでいる。

これまで作った中で最大級の大きさの家なので、楽しみだ。
ところで、今年の晩白柚、2本の木で20個ほど成っている。
次から次に収穫していくことになりそうだが、2個一組でメジロ君の家を作りたいので、最低6個は我が家で消費することになる。
ただ、傷ついたところを中心に、半分ほどを二人で食べたのだが、お腹がいっぱいになった。
さすがに晩白柚のボリュームは凄い。
もちろん、屋根部分を取り外された晩白柚も手付かずで残っている。
これらは、メジロ君の家第2弾を作る前に消費しておこう。

どちらにせよ、昨年はお裾分けしたくても出来なかった晩白柚。
今年はそんな方々にお裾分けができそうだ。
ただし、お裾分けする前に、マジックで書いた番号と黒いススはある程度きれいにする必要がありそうだ。

2018年1月13日土曜日

真竹で、メジロ君の遊び場所を作った。ここには晩白柚で作ったメジロ君の家をぶら下げる予定だ。

寒い日が続いて、ターツァイ、春菊などの葉野菜が美味しくなっている。
ここのところ、葉っぱ野菜リッチな生活が続いている。

さて、まだ梅の花は咲いていないが、梅の花が咲き始めるとメジロ君が里に下りてくる
すると、私の楽しみが一つ増えることになる。
ここ数年、晩白柚でメジロ君の家を作り、仕事場の窓辺にぶら下げて、2月いっぱいは、しご仕事中も時々それを眺めているのだ。
ただし、昨年はヒヨドリの勢いに負けて、メジロ君の家はヒヨドリに占領されてしまっていた

そこで、今年はメジロ君の家を晩白柚で作るだけでなく、メジロ君がもっと楽しめるスペースを竹を使って作ってみようと思った。
まずは、これらの竹は、菜園近くにある真竹の林の2本から、必要な長さを3本切り出した。
真竹は孟宗竹より細いのだが、メジロ君の遊び場をつくるには十分だろう
で、畑の横でちょっと工作をした。
真竹使用の工作は、カボチャ用の3段棚作成以来5年ぶりだ。
カボチャ用の3段棚は1日がかりで作ったが、こちらは全行程が30分で終わった。

そして出来上がったのが、下の写真のようなH型をした竹組みだ。
写真では見にくいが、上端には針金が張ってある。
後日、そこから晩白柚で作ったメジロ君の家を吊るす予定だ。

横に渡している竹は、1/3ほどを裂いて外し、水飲み場とエサ置き場ができるようにしよてみた。
メインは水場で、このサイズでも小さなメジロ君なら遊べると思っている。
メジロ君の水場と餌場。
メジロ君がまだ現れないこの時期は、餌場にはモズのためにミズアブの幼虫を置いた。
ただし、モズがこのエサに気付くかどうかは?だ。
エサ置き場にはそこに小さな穴を開けて、水が溜まらないようにしている。
ただ、この時期からメジロ君が好きなミカンを置くと、最近ちらほら目にするようになったヒヨドリがメジロ君より先にここを占有しそうだ。
メジロ君の姿が、果樹園でも見れるようになる2月になったら、この竹組の上の方から吊るす晩白柚で作ったメジロ君の家の中にミカンを置いて、メジロ君に遊びに来てもらおう。

下の写真が、仕事場の窓からの景色だが、この窓の20cmほど外側に2〜3個メジロ君の家を吊るそうと思っている。
2月にはこの窓のすぐ側に晩白柚の家がぶら下がる。
そこに多くのメジロ君が遊びに来ることを願っている。
去年は下の写真のように、ヒヨドリだけが遊びに来た。

今年は、メジロ君だけが遊びに来るようにひと工夫しようと思っている。

2018年1月12日金曜日

パオパオトンネルに移植した小さなロメインレタスの苗、大丈夫みたい。で温室内のロメインレタスは退去。新たにポットに夏野菜の種を蒔いて温室内管理だ。

寒波の被害が、日本のあちこちで起きている。
福岡市では今回の寒波被害はほとんどなかったのは幸いだった。
こんな寒い日の夕刻は、空も雲も綺麗。

さて、こちらが1週間ほど前に温室からロメインレタスの小さな苗を移植したパオパオ
今朝その上には、まだ昨日降った雪が解けずに残っていた。
それでも中を見てみると、移植した小さな苗が皆生着している。
アップにしてみるとこんな感じ。
このまま問題なく育ちそうだ。

ならば、温室の中に早い時期に加温装置の上やその外で種蒔きし、先日のパオパオトンネルの中などに移植の後、残っていたロメインレタスの小さな苗は、新たな入居希望者がいっぱいなので、退居してもらうことにした。

我が家の野菜の種は旅行に行った時にゲットしたものや、外国の友人にいただいたものなど色々だ。
下に広げた多くの種袋は冷蔵庫の保存場所から取り出したもの。
まだ封を開けてないものから、開けて3年も経つ種袋まである。
で、種類も自然に増えている。
我が家で使用する種の量は多くないので、1〜2年では使い切れないのも一因だ。
もちろん、同じ保管場所には自家採取の種もたくさんキープしている。
自家採種した種のほとんどは冷蔵庫の野菜庫で保管している。
これらのたくさんの種を、蒔き時を考えながら今年1年次々に蒔いていくことになる。

そんな種の中から、今日温室の中で種まきをする種袋を取り出した。
なぜか、昨年実をつけてからがうまく育たなかったトマト
今年は、リベンジだ。
こちらは初めて育てるイタリア野菜。
チーマディラーパというアブラナ科の菜の花?
写真を見る限りはブロッコリーの仲間だろう。
去年最高の出来だった、イタリアピーマンもシシトウらと一緒に取り出した。
写真右端が去年最高の出来だったイタリアピーマン。
ブロッコリーと茎ブロッコリーも使い残しだが、残った種の数は少ない。
こちらも、初めて育てる野菜の種。
スイスチャードで茎が太いタイプだ。

今日はこんな種袋から少しの種をポットに蒔いて、温室内に置いてみた
そして蒔き終わった状態がこちら。
少々、外は寒くても、温室の中はポカポカ(20℃)だ。
これまでの経験から、怖いのは乾燥だけだ。
週2回の水やりを忘れないようにしないといけない。
1週間も経てば、ここにたくさんの新芽が見え始めるに違いない。