2017年7月21日金曜日

Cardoの芽が1本育っていると喜んだのだが、甘かったようだ。

畑にはこの時期害虫が多くいるのだが、私の応援団、クモやカマキリなど、益虫の子供たちも多く見られるようになった。
カマキリは2cmほどの小さな体でも強そうに見える。
この時期に増えてくるカメムシを食べてくれると嬉しい。

それにしても毎日暑い日が続いているのだが、そんな中今日も少し草取り。
ここはプランターや、ミョウガがある場所。
ここでは、雑草だけでなくレモンバームも雑草扱いだ。
雑草や、レモンバーム、そして自然発生の里芋などを片付けた。
少し気持ちよくなった?
何よりミョウガが喜んでいる。
今日の仕事のご褒美はミョウガの収穫。
早速、焼きナスに合わせて頂いたが、美味しい。

さて、育てたことない野菜「Cardo」
このCardoという野菜、イタリア野菜なのだが、どんな芽が出てどのように育つのか全く分からない。
この茎を料理するのだそうだ。

アーティチョークそっくりの種を、早くどんな芽が出るのか見て見たかったので、手に入れた5月の終わりから、時間差で数回蒔いて見たのだが芽が出なかった。
右がアーティチョークで、左がCardoの種

で、最後の挑戦としてミミズ堆肥の中で発芽させてみる事にした。
ミミズ堆肥の入ったバケツに種を蒔いたのは6月の終わり。
ミミズ堆肥の中だったら、芽出しするような気がしていたのだが、7月の初めに芽を出した
この芽を見つけた時は、思わず手を叩いて喜んだ。
しかし、本葉が出てきて、がっくりした。
この本葉は冬瓜!
どう見ても、この芽はミミズ堆肥に含まれていた冬瓜の種から出たもののようなのだ。
この後この芽の近くにも、同じタイプの小さな双葉が顔を出してきた。
Cardoの苗が、冬瓜にそっくりということはないと思われる。
それでも、もうしばらくこのまま見ていくことにしよう。
蔓が伸びてきたら、100%ギブアップだ。
 ところで、Cardoの種袋の裏に書かれている、種の蒔きどきは9月ということになっている。
私も、もう少し素直になって、9月頃にもう一度種蒔きをしてみることにしよう。

2017年7月20日木曜日

東北山歩き「羽黒山。月山弥陀ヶ原湿原」雑草の中で予想外のニンジン収穫。

先日の東北山歩き、今日は最終日3日目羽黒山と月山の弥陀ヶ原湿原を紹介しよう。

出羽三山の一つ、五重塔と杉並木、そして長い石段で有名な羽黒山は初めて登った。
五重塔も立派だったが、樹齢300〜500年の杉が素晴らしかった。
石段を登り始める前に目につくのは祓川須賀の滝
その昔、出羽三山詣をする人々は、その前に滝の前の祓川で身を清めたとのことだ。

石段は歩幅が合いにくく、一段一段を注意深く足元も見ながら登って行った。
そこに見える一つ一つの石段が、見事に組み合わされている技術と、これだけたくさんの石段を作った人々の凄さを感じた。
一ノ坂、ニノ坂、三の坂と頂上まで続く長い石段。
2446段もあるのだそうだ。

そして、三の坂の階段の上りきったところが頂上で、そこには三神合祭殿がある。
これは確かに、神々しい建物だ。
羽黒山にはこのような立派な建築物も多かったが、麓に立ち並ぶ小さな神社もなかなか趣があった。
それぞれに名前がついていて、何かを祀ってあった。
穀物を祀ってあった社の前では思わず手を合わせた。

羽黒山を後にして、そのまま月山に向かった。
目的の場所は弥陀ヶ原湿原
ここは、あちこちに池塘が点在する素晴らしい湿原だ。
湿原には霧が似合う。
ちょうど霧がしっかり降りて、うれしい風景だった。
ミズバショウ
湿原にはニッコウキスゲもよく似合う。
程よい風と、冷んやりとした空気。
長い間、ここに居たかったが、帰りの飛行機の出発時間に遅れたら大変だ。
1時間ほどで、この湿原を引き上げた。
それにしても、東北には素晴らしい湿原がたくさんある。
また来年も、機会があれば東北の山歩きをしてみたい。


さて、今日も我が家の畑は暑かった。
夏野菜を収穫しながら、畑を歩いていると、雑草の中にニンジンがそれなりに育っていた。
記憶力の悪い私は、ニンジンのことを完全に忘れてしまっていた。
ホウレンソウを収穫した後に、マルチをそのままに種を蒔いていた?
種を蒔いたのは恐らく4月の終わりくらいではないだろうか?
雑草をかき分け、株元が太そうなものを数本抜いてみた。
形は悪いが、十分食べれる大きさだ。
予想外の収穫はうれしいものだ。
これから、食べる分だけを収穫することになりそうだ。
ただ、この時期草に覆われた畝では、こんな感じで何を植えていたか分からなくなってしまうことがある。
今日は、アスパラの横の列の雑草を少し片付けたのだが、そこでも小さな事件が。
片付けた雑草は、アスパラの畝の右横。
小さなアスパラを雑草が生えている場所に植えていたことを忘れて、雑草と一緒に引き抜いてしまった。
慌てて、雑草を抜いたところに植え戻し、しっかり水やりをした。
たが、根付いてくれるかは?だ。
ところで、我が家の畑では、この時期急に力を増している雑草とともに、自然発生のカボチャが厄介な存在になっている。
こちらは、野菜の種蒔き後うまく苗が育たなくて放置していたポット。
そんな小さなポットからもカボチャの苗が育っている。
ミミズ堆肥を施したところでは、どこでもこんな自然発生苗が出るのだ。
カボチャの苗も、小さなものならば気にせず引き抜いてしまうのだが、下の写真のように実を付け始めると、私の性格では、もう撤去できないのだ。
このカボチャを収穫するまでは蔓を片付けれない。
私の悲しい性だ。
ということで、本格的に雑草やカボチャの蔓を片付けるのは、秋野菜の種蒔きが忙しくなる8月の終わりになりそうだ。

2017年7月19日水曜日

東北山歩き「霧の鶴間池、鳥海イヌワシ未来館」今年のゴーヤは極めて順調。

先日の東北3日間山歩き旅行の2日目は、鳥海山の麓の「鶴間池」付近の周遊と、滝の小屋付近のブナ林を歩こうと思っていた。
ところが、目的地近くに車が近づくと、標高を上がったこともあり、道路はで真っ白。
用心しながら、なんとか鶴間池の側のパーキングにたどり着いたが、そこには車は皆無。
それでも、鶴間池に向かって歩き始めた霧の中の小径はそれなりに心地よく、少しづつ歩を進めていった。

数メートス先の木まではなんとか見えるのだが、その先が見えない。

20分ほど歩いてカンスケ坂という、鉄梯子などのある急坂を池に向かって降りて行った。
すると、池の側でいよいよ前が見えなくなった。
前は見えないし、池の側のためか小さな虫がいっぱい。
時に虫が目に入ってくる。
池がすぐ手前にあるところまで、降りてきたのだが、前を歩く連れの姿がほとんど見えない状態になり、不安が募ってきた。
さらに、もしここで熊が現れたら、という思いが頭をよぎり、いよいよ不安になってきた。
で、ここで、この日の山歩きはギブアップ。
帰りしな、足元に霧に濡れた小さな白いキノコがたくさんあるのが見えた。
霧の中の、人が来ない自然を喜んでいるかのように小さなキノコが密生していた。
無事車に戻ったが、もう一つの目的の綺麗なブナ林がある「滝の小屋」の方に行っても、ブナ林は見れないだろうという思いと、そこまでの道を進むのは深い霧の中、危険だと判断し、駐車場から来た道をゆっくり引き返すことにした。

で、帰りのドライブコース途中にあった、猛禽類保護センター「鳥海イヌワシ未来館」に立ち寄った。
ここでは、私が以前見分けがつかずにいたミサゴとノスリしっかり観察することができた。
こちらは、いつも見ているトビ
そして、こちらがミサゴ
そしてこちらが、ノスリ

そして、こちらが2年前、我が家の畑の上空で見かけた鳥

トンビの空中飛行では見たことのない、空中でのホバリングを見せてくれてのだが、この鳥が何なのかよく分からなかった。

それまで、ミサゴもノスリも見たことがなく、あとで図鑑を見てノスリと思っていたのだが、今回のイヌワシ未来館の展示でミサゴと判明した。

ちなみにこちらがイヌワシ
こんなイヌワシが生息しているというのだから、鳥海山の自然は大きい!


さて、今日も暑い中の畑仕事。
この時期の雑草は成長が早く大変だ。
ここには、アーティチョークが1本と、ショウガが6株。
その向こうはウコンがある。
今日はこの列の雑草を片付けた。
これくらい片付けるのにも1時間ちょっと、
汗びっしょりになる。
ところで、今年のゴーヤは順調みたい。
第2菜園に2列蔓野菜用の畝を作り、それぞれに数本ずつ育てている。
昨年自家採種した種を蒔いて育てている。
上手く育って、今はびっしり、葉が茂っている。
もう1箇所も、同様。
これらの蔓野菜用の畝では、キュウリの収穫はほぼ終わりインゲンも終盤
ただ、ゴーヤが最盛期に入り、四角豆ももうすぐ収穫が始まりそうだ。
ゴーヤは強いので、周りの雑草の上にも勢力を広げている。
ただゴーヤは、収穫する時しっかり見回らないと、茂った葉の陰に実が隠れている。
こんな実を3〜4日放置すると、黄色い完熟ゴーヤになってしまう。
今日はさっそく、25cm近いサイズのものを収穫。ちょっと興奮した。
この感じだと、今年はお裾分けも、かなりできそうな感じだ。
自家採種した種から育てる野菜が元気に育つのは、本当に嬉しい。





2017年7月18日火曜日

東北山歩き「月山、湯殿山ルート」。旅行明け、夏野菜は相変わらずゴッソリ。

3日間の楽しい東北山歩き旅行を終え、昨夜遅く新潟から福岡に帰ってきた。
梅雨明けのこの時期、全国各地で豪雨がつきものなのだが、今日は新潟地方など豪雨とのこと。
今回の旅行では、幸いにもそんな厳しい雨は間一髪逃れた形だ。

それでも、今回の東北も昨年秋に行ったときと同様、小雨や霧の時間帯が多かった。
そんな天気でも、東北地方の山歩きは本当に気持ちいい。
今日は、初日に歩いた月山の湯殿山ルートを紹介だ。
旅行中、このルートにまず行きたかったのには理由があった。
湯殿山神社の御神体を目の当たりに拝すことができるお祓い所、そこでは500円が必要なのだが、昨年秋に訪ねたとき、持ち合わせがなくて中に入れず、今回への持ち越しとなっていたのだ。

念願かなって訪れることができた湯殿山神社のお祓い所
御神体のあるその場所は、松尾芭蕉も「語られぬ 湯殿をぬらす 袂かな」と残された、古くから「語るなかれ」「聞くなかれ」とされる霊場なので、ここでも御神体に関する話は封印しておこう。

ただ、行ってよかったという印象と、そこで仕事している人たちの印象や、あまりに真剣にお参りしておられる方々の姿がちょっと奇妙で面白かった。
こちらは、湯殿山神社の入り口にいた牛。
ここから神社の中の方は撮影禁止だ。

湯殿山神社でのお参りを済ませ、月山に向かった
途中綺麗な花や、九州ではこの時期に見ることができない残雪の塊などがあったので十分楽しめた。
ここは、仙人沢の残雪。





途中、岩がゴロゴロした急な登りや鉄ハシゴがたくさんあって、結構な運動になった
ここは、湯殿山麓の装束場にある標識。
時間がなかったので、この日の山登りはここまで。

湯殿山は、月山、羽黒山とともに出羽三山と呼ばれ修験道を中心とした山岳信仰の場だ。
装束場に登る途中で、羽黒山、月山を経由してこちらに降りてきたという、十数名の修験用の白装束を着ていた集団に出会った。

5〜60代の方がほとんどだったように見受けられたが、いや〜大したもんだね、と感心しながら、すれ違うその集団を眺めて居た。
ただ、最後の数名がかなり疲れ切った表情をしていたのが、少し気になっていた。

そして、私が装束場から降りてくる途中、その集団の最後を歩いていた3名に追い付いた。
その3名は、全体からかなり遅れたところを歩いていたようだ。
その3名を抜いていこうとした時、その中の1名が倒れ込んだ。

もう一名がその方を抱きかかえるが、倒れた方の足はこんにゃく状態。
とても起き上がる力もないように見えた。
顔も真っ赤になっていた。
私は元気だったので、荷物を持つなど何か手を貸そうかと、話しかけてみたが、「どうぞ先に行ってください」とのこと。

で、そのまま先を失礼した。
普通の足だと、あと10分くらいで下山できる場所だったので、無事に下山できただろうとは思われるが、ちょっと気になった。

思い出したのは、2009年の全く同じ時期。
北海道トムラウシ山で起きた史上最悪の遭難事故。
18名(15名のツアー客と3名のガイド)の中8名が低体温で亡くなった悲惨な事故だ。
トムラウシ山の遭難があった場所は、私も歩いたことがあったで、非常に強く印象に残っている。

私は、グループで登山したことはなく、山での事故は自己責任だと思っている。
確かに、冬山などで怖い思いも数回経験している。
今回、こんにゃく足の方を見たときは、グループ登山の難しさを、改めて痛感させられた。


さて、今日は3日間の旅行が終わって、久しぶりの夏野菜の収穫

オクラやゴーヤ収穫遅れになったものがたくさんあった。
このゴーヤ、完熟ゴーヤとして食べれるのだが、今日はパス。
ゴーヤは今がピークで、美味しそうなゴーヤが鈴なり状態だったのだ。
イタリアンピーマンは相変わらず大量収穫が続いているが、先っぽに虫(恐らくカメムシ)被害の出たものも増えてきた。
ピーマンの先っぽが黒くなっているのは虫被害だ。
15cmくらいにまっすぐ伸びて最高の状態で収穫が続いていたイタリアンピーマン。
若干小さめになり、曲がったものが増えてきたし、いよいよ終わりが近いのか?
カボチャナスの方も、収穫できる数は相変わらずだが、少し陽に焼けた感じで、大きさも小さめのものが増えてきた。
こちらは少し汚れが目立つカボチャ。
今年は3kgを超えるものは出なかった。
収穫のピークは過ぎた感じだが、まだまだ、収穫はできるだろう。

というような感じで、夏野菜は相変わらずゴッソリ採れてはいるが、少しピークを過ぎた感じのものが増えてきた。